上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
話題の本ですね。
というわけで、読んでみました。
最近暗いニュースばかりなので、もっとはっちゃけた明るいの読みたいのですが、買いだめしてまだ手をつけていない本が本棚にぎっしり・・・。


それもこれも、先日レビューらしきものを書いた『心臓を貫かれて』を読みきるのに思ったよりも時間が取られてしまったからなのですが(´A`)


ちなみに、控え選手には『渋谷』(藤原新也著)、『となり町戦争』(三崎亜記著)、『殺人の門』(東野圭吾著)など、またまたダーク色強い系が軒を連ねてます。
どれも面白そうですけどね。ダークだな~。


----
setagaya.jpg

『世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白』
齊藤寅著


この事件、ほとんどの人の記憶に鮮明に残っているのじゃないでしょうか。

21世紀を目前に控えた2000年12月30日23時30分ごろから翌31日未明にかけて、
東京都世田谷区上祖師谷3丁目の会社員宮澤みきおさん宅で、長女(当時8歳)、長男(当時6歳)を含む一家4人が惨殺された事件。


隣に住む義母は、大晦日である31日に一家と食事をする約束をしていた。ところが、当日何度電話を入れても連絡がとれず、不審に思い訪ねたところで、惨殺された死体を発見したのだという。


現場には犯人の血痕や指紋、足跡のほか、多数の遺留品が残されていた。
そのため、当初は早い段階で犯人が浮上すると考えられていたのだが、現在も捜査は難航している。
(事件について詳しく知りたい方はこちらへ→→http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken/jikenbo/seijo/seijo.htm

犯人は複数犯と見られ、犯行後も半日近くの間被害者宅に潜み、被害者のPCを使ってネットサーフィンをしたり、冷蔵庫からお茶やアイスクリームなどを取り出して食べた形跡があった。


21世紀を目前にして起こったこの事件、21世紀が明けてからも連日報道されていました。
いまでも鮮明に記憶に残っています。


それまでに類を見ないタイプの猟奇的な犯行。
一体この家族に何が起こったのか?
なぜこの家族がこのような犯行に巻き込まれてしまったのだろうか?


犯行の背景が見えなかったことが原因でしょうが、
早い解決が見込まれたにもかかわらず、警察の捜査は難航。
さまざまな情報が錯綜し、それに振り回されるかたちで報道も混乱していたのを覚えています。


この本では、ジャーナリストである著者が独自の捜査によりつかんだ情報や、そこから導きだされる「答え」を提示しています。
取材を通じて「世田谷一家殺人事件」解決への使命感を持ち、5年の歳月をかけて捜査しつづけた著者が出した「答え」。
そこには、一種のリアリティーがあります。


この本で書かれている「答え」が正しいのかどうか。
それは私にはわかりません。
でも、決して一笑に付すことができない何かがあるように思うのです。


ジャーナリストとしてのプライドと情熱。
文章の端々からそれがにじみ出ていることからも、著者自身は自分が出した「答え」に自信を持っているのだということがわかります。


この本に関しては色々な意見があるようですが、
読まずに笑い流すというのはナンセンスじゃないですか?
だって、事件はまだ解決していないのですから。


もちろん、この本の内容を鵜呑みにする必要はありません。
著者の行った独自ルートの捜査の方向性が正しかったのか、正しい情報を手に入れられていたのかは読んだだけではわかりませんから。
ただ、著者のジャーナリストとしての使命感と行動力には、敬意を払いたいと思うのです。


何か新しい事件が起こるたびに、過去の事件に対する報道はおざなりになっていく。
そんな風潮がありますが、どんな事件だって、解決するまで(あるいは解決してからだって)被害者の家族や友人にとっては忘れられないもののはず。
本当は、事件の大小にかかわらず、風化させてはいけないんですよね。
「事件を風化させない」という意味でも、この本の存在は非常に大きい。


宮澤さん一家にご冥福を祈るとともに、事件解明を心から願っています。



追伸:世田谷一家殺人事件については、有力な情報を提供された方に300万円の懸賞金が支払われます。情報をお持ちの方は、こちらから→→
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken/jikenbo/seijo/seijo.htm
スポンサーサイト
休日だというのに、明日の打ち合わせのための資料探しだのなんだのやってて結局土日つぶれてしまいました。


そんな哀しさを乗り越え、ブログ書いてるみやこです(笑)。


昨日は隅田川花火大会でしたね。
行きたかったな~。
浴衣でビール、みたいなことやりたかったのに(・△・)


ま、8月どこかに行ければいいか~。。。


さて。
冒頭にあります通り、2日間資料探しに翻弄されていたわけなのですが、合間にちょっとおもしろい本を見つけました。

20060730181208.jpg

『脳が若返る30の方法?科学が示してくれた脳の育て方』
米山公啓著/中経出版


ちょっと目からウロコだったんですが、
脳って大人になっても能力がアップするんですね!
私の認識だと、「大人になったら脳細胞は増えずにどんどん減っていくだけ」って思ってたんですが。


この本によると、海外の研究結果で「条件さえ整えば脳細胞は再生する」という事実が立証されてるとのこと。


へぇ~!
知らなかったよ。


タイトルに惹かれて何気なくパラパラ斜め読みしたらおもしろそうだったので、資料探しほっぽって読破しちゃいました(笑)。


実践的に“脳を鍛える方法”が書かれてます。
たとえば、
・ポケットに10円玉と100円玉を5枚ずつ入れて、指の感触だけで素早く仕分けする
・いつもの通勤ルートじゃなく、乗換え案内で調べて一番面倒なルートで通勤してみる
・魚の写真を観ながらコーヒーを飲んで、脳を一瞬混乱させる
・耳栓をして階段を上ってみる
などなど。
どれも日常生活の中でできるもの。


なんで? 何に効くの? と思った方、一度読んでみたらいいですよ(^ー^)
他にも色々トレーニング法書いてあるので。


かいつまんで説明すると、
脳を鍛えるためには普段何気なくやっていることを、意識的に変えてみることが大事、ってことらしいです。
脳への刺激が、脳の発達と若返りに深く影響する、と。


逆に言えば、同じことの繰り返しばかりだと、脳が慣れきって活動が低下する、ということのようですね。


わかりやすい文章で書かれていて、するする読めます。
文章うまいな~、と思ったら、著者の米山公啓さんは作家でもあったんですね。納得です。
すごいたくさん本を出してる方でした。脳関係の本が多いです。
ある意味、何で知らなかったのか…。ちょっと恥ずかしい(;・∀・)


装丁とイラストが、私の大好きな寄藤文平さんってとこもポイント高い(笑)。
名前を聞いて「誰?」と思った方、
寄藤さんは「大人たばこ養成講座」のイラスト描いてる方ですよ。
フリーペーパー「R-25」のイラストも寄藤さんです。
一度お目にかかったことがありますが、ほわ~っとした感じのいい人でした(^ー^)


興味湧いた方、ぜひご一読を。
今日はちょっと知的な話でした~。
さて、早く仕事終わらせよう。来週こそ映画観るぞ!


ランキングに参加してます☆

↑↑↑
今日から脳トレ☆


先日、nurukanさんのブログでちらりと触れていたので、気になって読んでみました。
ノンフィクションで、上下巻。
長かったです。やっと読み終わりました・・・。


shinzo_1.jpg  shinzo_2.jpg

『心臓を貫かれて(上・下巻)』
マイケル・ギルモア著
村上春樹訳

アメリカ・ユタ州で、自ら銃殺刑を求めた殺人犯の弟が語る、家族の秘密。

兄はなぜ、罪もない人々を殺したのか?
何が兄の中に殺人鬼としての資質を生み出したのか?



4人兄弟の末っ子が綴る、兄の殺人と父親との関わり。
そこから吐き出されてくるものは、途方もなく重く、悲しく・・・。
数日前に読み終わって、考え込まざるを得ませんでした。



1976年7月。
ゲイリー・ギルモア(35)は、アメリカ・ユタ州で2件の強盗殺人事件を起こし、死刑を宣告されます。
当時、アメリカでは強い「死刑廃止世論」のため、死刑執行が10年近く中断されていたのですが、ゲイリーは減刑や死刑免除を拒否し、自ら銃殺刑を求めました。
彼の処刑は、中断されていた死刑執行再開を意味します。
それにより、マスコミは彼の死刑執行をセンセーショナルに報道したのでした。




本文中に、こんな記述があります。
「もし僕が彼らと同じくらい、とくにゲイリーと同じくらい手ひどく折檻されていたら(彼の感じた苦痛と恐怖とがいっそう残忍な鞭打ちをもたらしたわけだが)、僕だってかなりの確率で、いつか銃の引き金を引くだけのために生涯を送るように育ったんじゃないかと思う。僕の兄たちが子供時代に、あるいは思春期に、ほとんど毎週のように味わわされたもののことを思うと、彼らがまだ子供のうちに殺人を犯したりしなかったことが、不思議に思えるくらいだ」


しかし、そんな風にゲイリーに対して激しい暴力を振るった父までもが、子ども時代に父親から暴力を振られていたのです。
トラウマの連鎖が、ここにあります。


父親からの謂れなき暴力、
母親のヒステリー、
不安定な生活。


父と母それぞれが抱えたトラウマに板ばさみになった子どもたちは、他者に向けて暴力性を発揮して、自らの心を守ろうとしたのかもしれません。
彼らが求めていたものはそんなに贅沢なものではなくて、ごくごく普通のこと。
父親の「愛」、家族の「平和」。
それが叶わないから、暴力に逃げた。
あるいはそれは、死に近い場所で生きることを望んだ、ということなのかもしれません。



物語の前半は、モルモン教についての話が中心になっています。
その血塗られた歴史は、読み進めるのにかなりしんどいものがありました。
(とはいえ、後半、家族の話になっても暗い内容が続くのですが・・・)


最近、青少年の犯罪が目立つようになってきたのは「家族」としてうまく機能していない家庭が増えたからなのかもしれない、と思う今日この頃。
本当のところはどうなのでしょう?
ゲイリーを「稀な例」とするのは何か違う、という気がするのですが・・・。


今回はうまくまとめられずごめんなさい・・・(ノД`)



ランキングに参加してます☆

↑↑↑
ぽちっとお願いします☆

ひさしぶりに、よしもとばななの小説を読みました。


もともと「その気」はありましたが、
『ハチ公の最後の恋人』あたりから、どんどん宗教色が強くなっていると感じているのは私だけでしょうか・・・。


hagoromo.jpg

『ハゴロモ』
よしもとばなな著(新潮社)


8年間の愛人生活に終止符を打ち、失恋の痛みを癒すべく、東京から故郷に舞い戻ったほたる。
雪に包まれたその街で、ほたるはこれまでに失ったもの、忘れていた大切なことを取り戻していく。
『TUGUMI』『キッチン』を思い起こさせる青春小説です。



よしもとばなな曰く「青春小説どまんなか!」だそうですが(あとがき参照)・・・。
青春小説というよりはあまりにヘヴィーな精神状況のなかで、主人公のほたるが「あっちの世界」と「こっちの世界」をさまよっている様子はかなり重いです。


とくに、ストーリーの導入部分はほたるが精神的に一番まいっているところなので、非常に読みにくいし感情移入しにくい。
ほたるが精神的に癒されてきた中盤以降はそんなことないんですけどね。


あとがきを読んでいて、
よしもとばななが「この小説を書いていた時期は、個人的に色々つらいことがあった時期だった」というようなことを書いていました。
ということは、著者の精神状態が作品に色濃く反映された結果そうなった、ってことなんでしょうね。


最近なんだか疲れたな・・・、と思いつつ読んだので、ほたると一緒に癒されたのかもしれません。
ちょっとだけ、元気がもらえたような気がしました。
朝日新聞の夕刊で連載されていた作品。
連載中からかなり話題になってました。とにかくおもしろいです。
そして、泣けます。


tsubakiyama.jpg


『椿山課長の七日間』/浅田次郎著
朝日文庫 630円


働き盛りの46歳で突然死したデパートマン・椿山と、誰かに間違われて撃たれて死んだ真面目なヤクザ、交通事故で死んだ少年・・・、現世に思い残しがあった3人が、特別に許可を得て舞い戻った。
それも、生きていたころとは全く違う仮の姿で。
タイムリミットは初七日を迎えるまで。


この小説の中で描かれている「死後の世界」は、私たちが普段想像しているような世界とはまったく違います。
たとえば、現世で重大な罪を犯していても、即地獄行きではありません。
きちんと「講習」を受けて反省したら、極楽浄土へ行くことができるようになってます。


ほとんどの人は、この「講習」を受けることになります。
「講習」を受けずにまっすぐ極楽往生できる人の条件は、「殺生をしない、盗みをしない、邪淫に溺れない、嘘をつかない、酒をのまない」の五戒すべてを守っていた人だけ。
もちろん、程度の問題はあるから、罪のない嘘くらいは許されるとのこと。
罪の重さは、「相手をどれだけ深く傷つけたか」が基準とされます。

「こわいこと」(つまり、地獄行きということらしい)にならないために、破ってはならない規則は、
・正体を誰にも明かさない(見破られてもダメ)
・復讐はしない
・期限を守って天国に帰る
の3つ。

愛する家族や友人に再会できても、別人としてふるまわなければならない。
それはとても切なくて、時には悲しく、そして苦しい。
知りたくなかったことまで知ってしまって、深く傷つくこともある。
だけど、彼らはそうまでしてやりとげたいことがあった。

本当の愛って、なんだろう?
そのひとつの答えが、この本のなかにあります。


とても温かい気持ちになれる作品です。
まさしく、浅田次郎ワールド。
最近心がささくれてる、って人は、ぜひ読んでみてください。


それにしても、「死後の世界」の設定がすごくおもしろい。
一体どうやったらこんな世界観を思いつくのか?
浅田次郎の頭のなかをのぞいてみたくなっちゃいました(笑)。


そうそう、ドラマ化決定したらしいですが、詳細まだわかりません。
ちなみに、私はなんとなく、椿山課長に西村雅彦の姿を重ねて読んでました(笑)。
キャスティングどうなるのか、今から楽しみです(^ー^)




Amazonでこの本をチェックする→『椿山課長の七日間』

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。