上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『The World of GOLDEN EGGS』

知ってます?

ヴィレッジヴァンガードで見つけて、妙に気になっちゃって。
アフレコが絶妙・・・(・□・)





公式サイト→http://www.theworldofgoldeneggs.com/
MTVとかキッズステーションでも配信中らしい。


残念ながら、ウチではスカパーとか入ってないので見れません・゚・(ノД`;)・゚・

DVD買おうかな・・・。





スポンサーサイト
だいぶ更新サボってしまいました(-_-;)
ここ最近、またまた忙しくて死ぬかと思いました。

なんて言いながら、ようやく映画館行ってきました!

第15回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)スカラシップ作品です。
-----

mizunohana_main.jpg

『水の花』
監督・脚本:木下雄介
出演:寺島咲、小野ひまわり、田中哲司、黒沢あすか ほか
公式HP:http://www.pia.co.jp/pff/mizunohana/

中学生の美奈子は、父親と二人暮らしをしている。
美奈子がまだ幼かったころ、母は浮気相手の子供を妊娠し、父と美奈子を捨てて出て行ってしまったのだ。
そんなトラウマを抱えつつ、美奈子と父はギクシャクしながらも平穏な毎日を取り戻しつつある。


ところがある日、学校で幼馴染の良太から、
「おまえのお母さんを町で見かけた」
と知らされる。


浮気相手と再婚した母だが、そこでも夫婦関係がうまくいかず、離婚していたのだ。
そして、知人のつてを頼りにまた美奈子の住む町へ戻ってきたのだった。


良太の情報をたよりに母の居場所を探りあてた美奈子が目にしたものは、
懐かしい母の姿と、初めて目にする妹・優が連れ立って歩いている姿だった。
美奈子の心に母への憎悪と母を独占する妹への嫉妬が膨らんでいく。


そんなある日、学校帰りに偶然優を見かける。
まだ幼い優だが、夜の町をひとりで歩き、ゲームセンターで時間つぶしをしている。
離婚後、母は生活費をかせぐために水商売をはじめ、優は毎日ひとりで夜を過ごしていたのだ。


気になった美奈子は、優に声をかける。
警戒心もなく、寂しさからか、見ず知らずの美奈子に心を許す優。
母とケンカをした優は、「家に帰りたくない」とつぶやく。
そんな優を誘い、美奈子は思い出の地である祖父の家へ向かうのだが・・・。



というストーリー。
母への憎悪、優への嫉妬を募らせる美奈子の内面の変化を、
台詞に頼らず、映像で描ききった、というところがこの作品のすごいところです。


たとえば、祖父の家近くの海で。
はじめて海を見てはしゃぐ優の背後に、美奈子がそっと近づきます。

波止場のへりにしゃがみこみ、熱心に水面を見つめる優。
息を殺してその背中を押そうとする美奈子。
でも、結局は行動に移さず、美奈子はそっとその場を離れるのです。
mizunohana_2.jpg


ここに、美奈子の心に渦巻く暗い感情が覗き見えます。


口数が少なく、おとなしい印象の美奈子。でも、心は激しく揺れ動いています。
美奈子が抱える心の痛みや再生に向かって行く様子が静かに丁寧に描かれていました。


優と別れた後の、海沿いの道をひとりで歩く美奈子が見せた表情に、
思春期の少女の強さが感じられます。


この作品は、美奈子の視点で描かれているのだけど、
美奈子以上に傷ついているのは、実は大人たちなのかもしれない。


二度までも家庭がうまくいかず、心に傷を抱えた母親。
母を許せずにいる美奈子に何もいえない父親。
自分の弱さが子供たちを傷つけていることがわかっていながら、生き方を変えることができないのだから・・・。


この映画、ハリウッド映画だとかいわゆるハヤリもの大作的な邦画を観慣れている人にはツライかもしれない。


でも、こういう作品こそ「映画であってもらいたい」「映画館で観てもらいたい」と思う。
「いま美奈子はどう感じたのだろう?」「いま、優は何を考えているのだろう?」
スクリーンを観ながら、何度も自分の心に問いかけてみる。
垂れ流しの情報に身を任せるだけではなくて、たまにはこういう映画に触れてみるのも、
いつもと違った自分を発見できて面白いものですね。


余談ですが、母親役の黒沢あすかは『六月の蛇』で主演していた女優さんですよね。
すっかり雰囲気が違ったので最初気づきませんでした(*^-^)ゞ
さすが、女優・・・。


ランキングに参加してます☆

↑↑↑
映画館へ行こう!
昨日公開になった『ハチミツとクローバー』、観てきました。

「公開初日だからこんでるかもね~」と、友人K子と早めに待ち合わせ。
15:05~の回を観ようということで、13時過ぎに映画館にチケット引き換えに行ったのですが(渋谷のシネマライズは全席指定、定員入替制のため)、すでに行列ができてました…(-x-;)

まあでも、ちゃんと席とれてよかった。
早めに行っといて正解☆

20060723173837.jpg

『ハチミツとクローバー』
監督:高田雅博
脚本:河原雅彦/高田雅博
原作:羽海野チカ
出演:櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介、加瀬亮、関めぐみほか
HP:http://www.hachikuro.jp/


とある美大を舞台に、5人の学生たちが繰り広げる恋愛群像劇。
それぞれが誰かに片思いをしている、という設定です。
月刊コーラスで連載されている同名少女マンガが映画化されたもの。

美大教師、花本修司(堺雅人)の研究室に入り浸る美大生、竹本(櫻井翔)は、先生の親戚の天才美術少女、はぐみ(蒼井優)に一目ボレ。
なんとか仲良くなったのだけど、変人ながら圧倒的な才能を誇る先輩、森田(伊勢谷友介)も、彼女に思いを寄せていることに気づく。
竹本は、はぐみに強く好意を寄せながらも、はぐみと森田、二人の天才同士の世界に入り込めず、疎外感を感じていく…。

というようなストーリー。


原作の、ファンタジックな雰囲気がうまく出せていたように思います。
映画化すると聞いて一番心配だった「はぐみ」の役(一番現実離れした、マンガならではのキャラクターなので)を、蒼井優がカンペキに表現していたので驚きました。
やっぱりうまいですね、彼女は…。


しかし、映画としては微妙だ、というのが率直な感想です。
なんというか、マンガのプロモーションのような感じなんですよね。
「どうして彼は彼女を好きになったのか」「なぜ彼女は彼を好きになったのか」というような説明が一切なくて、「知りたきゃマンガ読んでよ」というような作りなので。
ちょっと不親切かな~、と。
20060723182632.jpg



櫻井翔演じる竹本がメインではあるけれど、竹本がストーリーテラーというわけでもないんですね。
このへん、映画を観ていて結構違和感が。


群像劇とはいえ、5人の仲間それぞれが持つエピソードがリンクし合っていなかったりするので、そもそもストーリーというか、1本の流れのようなものがないんです。
(といっても、そもそも原作自体が特にストーリーのあるものではないので仕方ないんでしょうけど…)
だからかな、全然感情移入できないまま、ラストを迎えてしまいました。


役者の演技は申し分なかったんですが、脚本に難ありですね~(-x-;)
原作マンガのいいとこ取りをしようとした結果、半端なものになってしまった…、という風に見えました。


この映画は、原作読んだことないとツライかもです。
原作のファンなら「実写になってあのシーンが再現されてる!」というようなことに喜びを感じられるかも。
ちなみに、一緒に映画を観たK子は原作未チェックで、頭の中が「?」だらけになったとか。
私はというと、一応原作マンガも一通り読んではいたものの、ファンというほどではなかったためか、イマイチ…な感じでした。


でも、見る価値がないかと言えば、そうでもない。
というのは、蒼井優ちゃんがとにかくかわいいから!
たぶんほとんどの人が蒼井優ファンになるんじゃないかな~。


最近、原作ものの映画が増えてきているけれど、
出来上がった映画が「原作のダイジェスト」になってたり「原作のプロモーション」になってたりすることが多いような気が。


映画ファンとしては、「原作は原作、映画にするならキャラクターや設定だけを生かしてある程度オリジナルの見せ方をしてほしい」と思う、今日このごろです。





そうそう、映画の中ではぐみの作品ということになっているものの制作を担当したのは、MAYA MAXXさん。
よしもとばななや山本詠美の本の装丁画なんかをよく手がけている人ですが、
最後に登場する「海」の絵がとても印象的でした。
あの絵、よかったなぁ(´∇`)
h_49.jpg



今日はなんだか辛口になっちゃいました(^ー^;)
でもね、基本、映画は好きずきですよ。
興味あったら人の評価は気にせず観てくださいね~。
じゃないとちょっと責任感じちゃうから(笑)。


ランキングに参加してます☆

↑↑↑
ぽちっとお願いします☆
信じること、信じられること。
裏切ること、裏切られること。
奪うこと、奪われること。
許すこと、許されること。
弟であること、兄であること。


第59回カンヌ国際映画祭の監督週間に正式出品された作品。


yureru_2.jpg

『ゆれる』
監督・原案・脚本:西川美和
出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、ピエール瀧、田口トモロヲ、蟹江敬三ほか
HP:http://www.yureru.com/splash.html


詐欺師の兄とマジメな教師の妹という、対照的な兄妹の視点で、人間の善と悪をコミカルに描いた『蛇イチゴ』で長編デビューを果たした西川美和監督の、長編第2作。


写真家として活躍する弟・猛。実家が経営するガソリンスタンドを継いだ温厚な兄・稔。
母の一周忌のために帰郷した猛は、元恋人で幼なじみの智恵子に再会する。智恵子は父と兄が経営するガソリンスタンドで働いていたのだ。


法事を終え、稔と一緒にスタンドに寄った猛は、「食事がてら智恵子を送る」といいながら、彼女のアパートに上がりこむ。
兄が智恵子に好意を寄せていることを感づいていたのに・・・。
猛が夜中になって実家に戻ると、稔がひとり、洗濯物をたたみながら猛を待っていた。
yureru_3.jpg



翌朝。
猛と稔、智恵子の3人は、蓮美渓谷に向かう。
稔から、「子どものころ何度も連れてきてもらったところだ」と聞かされるものの、猛には記憶がない。


子どものころを思い出すのか、稔はひとりはしゃいで川に入っていく。
河原には、昨夜の延長で話す智恵子の言葉をはぐらかそうとしている猛がいる。
智恵子は「一緒に東京に行って猛と新しい人生を始めたい」と匂わせていたのだ。


そんな智恵子から逃げるようにして、猛はひとり山道を登り、つり橋を渡った。
それを追いかけるように、智恵子はつり橋に向かう。
渡り始めると、背後から稔にしがみつかれた。
稔は高い位置で揺れるつり橋が怖いのだ。


つり橋の向こうで、夢中になって草花を撮影していた猛は、ふと顔を上げた。
つり橋の上で、稔と智恵子がもめているのが見える。
猛の表情が凍りついた次の瞬間、つり橋の上から動揺した様子で川を見下ろす稔の姿だけがあった・・・。

yureru_4.jpg

一度は事故ということで決着がついたのに、稔は自分が智恵子を突き落としたのだと警察に対して口走り、拘置所に入れられてしまいます。
そして、猛に対し、それまでに見せたことのない顔を見せ始めるのです。


「お前の人生は素晴らしいよ。自分にしかできない仕事して、いろんな人に会って、いい金稼いで。
俺を見ろよ。仕事は単調。オンナにはモテない。家に帰れば炊事洗濯に親父の講釈。
で、そのうえ人殺しちゃったって、何だよそれ」


兄の温厚な顔しか目にしたことのない猛は、その言葉にショックを隠せません。
そして、次第に兄に不信感を抱くようになります。


あれは、本当に事故だったのか。
俺が庇おうとしているのは、実は本当に人殺しなのかもしれない。


そして・・・。
yureru_1.jpg




前作『蛇イチゴ』を観たときに、新人離れした演出力と、脚本の巧みさに驚かされました。
とにかく、人間心理の描写がうまい。
説明的なセリフは一切ないのに、主人公の感情がヒシヒシと伝わってくるんですから・・・。


そして、第2作品となる『ゆれる』も、とにかく心理描写が巧妙です。
事故なのか、殺人なのか。
観客は猛と一緒に「ゆれる心」を体験することになります。



香川照之の、最後の表情。
あの表情が、この映画のすべてを物語っています。


オダギリジョーも、香川照之も、演技がうまくてゾクゾクしました。
脚本の素晴らしさはもちろん、今回は配役もカンペキです。
『蛇イチゴ』もよかったですけどね)
これは、観るべきでしょう。


所々に挿入される、つり橋のシーン・・・。
記憶と幻想と回想。
これはいったい誰のものか?
そこも、この映画の重要なポイントです。
こんな脚本書けるなんて、すごい人ですね、西川監督。




ランキングに参加してます☆

↑↑↑
アナタも『ゆれる』を観よう!
廣木隆一監督作品。
この監督の作品は、いつ見てもなんだか疲れます(笑)。
でも、観ちゃう。
結局好きってことなんだろうな~、きっと(*^-^)ゞ


20060710171656.jpg

『やわらかい生活』
監督:廣木隆一
脚本:荒井晴彦
原作:絲山秋子『イッツ・オンリー・トーク』
出演:寺島しのぶ、豊川悦司、松岡俊介、田口トモロヲ、妻夫木聡、榎本明、大森南朋など
公式HP:http://www.yawarakai-seikatsu.com/

一流大学を卒業し、大手企業の総合職へ。
キャリア街道を突き進んできた主人公・優子は、両親と親友の突然の死をきっかけに、うつ病を発症。6年の間、精神病院へ入退院を繰り返している。


そんなある日、出会い系サイトで出会った痴漢男(同意の痴漢プレイ)に連れられて、東京の端っこの街、蒲田にやってくる。
20060710171705.jpg



蒲田という街に懐かしさを感じ、気に入った優子は引っ越す事にした。
それをきっかけに、うつ病のやくざや元同級生でEDの議員、いとこの祥一が優子の周りに集まってくる。
壊れかけた心を抱えて孤独に生きてきた優子は、彼らとふれあううちに心をほぐしていくのだった・・・。


というストーリー。
孤独で自然体の魅力的なヒロイン、橘優子を演じるのは『ヴァイブレータ』で各賞を総なめにした女優・寺島しのぶ。
20060710175329.jpg



寺島しのぶの演技を観ていると、いつも不思議な気持ちになります。
とりたてて美人でもセクシーでもないのに、なぜかすごく惹きつけられるから。
肌を露出しなくても(『ヴァイブレータ』ではしてましたがw)エロティックな表現ができる、というのもすごい。
なまじっか、美しい女優さんが演じるよりも迫力と説得力があって、リアルな女性像になっている感じがします。


この映画では、「人生をひとやすみ」している女性を演じているのだけど、
「誰にも何も求めない。誰にも執着しない」というようなスタンスに、これまでの人生で経験した絶望感が凝縮されているように感じて、観ていて心が痛くなりました。


全体的に、説明的なシーンが少ない映画です。
が、決してストーリー展開がわかりにくいということはありません。
脚本が良かった、ということもその理由のひとつでしょう。


脚本を書いている荒井晴彦氏は寺島しのぶの出世作『ヴァイブレータ』の脚色を手がけた人で、男性だけど、女性の視点でものを描くのがうまい。
『ヴァイブレータ』のときも思ったのだけど、廣木隆一×寺島しのぶ×荒井晴彦は、相性バッチリというか、感性が似たもの同士というか、融合することでお互いの持つ魅力をより高めあっているのではないか・・・と。


キャスティングもいいですね~。
豊川悦司がチャーミングなダメ男を演じているのですが、これまた妙にハマリ役。
20060710172729.jpg

オンナゴコロをくすぐられました・・・(笑)。
カラオケで尾崎豊を熱唱するシーンなんか、ファンにはたまらないことでしょう。


20060710171713.jpg

妻夫木聡くんは、気の弱いやくざ役。
主人公の優子と同じで、うつ病に悩んでいます。
最初のうち、妻夫木くんだと気づきませんでした。
それくらい、やくざモノになりきってます。


個人的には田口トモロヲがよかった!
痴漢なのに色んなこだわりがあったりとか。
痴漢プレイが好き、という変わった性癖の持ち主だけど、結構紳士的な会話ができる人間で、そのギャップがおかしかったりします。


とはいえ、やはり廣木隆一作品。
アクが強いし、とりたてて何か大きな出来事があるわけでもないので、ハリウッド映画慣れした人にはつらいかもしれません。
が、案外評判よかったみたいですね。優子のような壊れかけの心を持った人間に、同じ世代の女性たちが共感できた、ということなのかも。


20060710171720.jpg

ラストシーンは、「好きなように解釈していいよ」ということでしょうか・・・。
私としては、希望的観測の方で解釈したいです。
が、常識的に考えると優子の幻聴、ってことなんでしょうね。
(ネタバレ防止のため、中途半端な書き方しちゃってごめんなさい!)


とりあえず、『ヴァイブレータ』を面白いと思えた方は、観てみてはいかがでしょ?
なかなか、興味深いですよ☆


ちなみに、私としては蒲田が舞台というのも楽しめたポイントのひとつでした。
実家が蒲田に近いため、よく散策していたことがあったので・・・。
映画を観ていて「あ、あそこ行ったことあるな」っていうの、結構うれしいものですよね(笑)。



ランキングに参加しました!!

↑↑
ぽちっとお願いします!

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。