上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョンベネ殺人事件


すっかり迷宮入りになってしまった事件ですが、みなさん覚えてますか?
覚えていない方はこちらをチェックしてみてください
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%8D%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

もう10年くらい前になりますね。
1996年12月26日、アメリカのコロラド州で、ジョンベネ・ラムジーという名前の6歳の少女が誘拐され、自宅の地下室で遺体となって発見された事件。


被害者は美少女コンテストの常連で、事件に関する報道の際、コンテストに出場中のジョンベネちゃんの様子がたびたび放送されていました。
6歳とは思えないほどの色気と顔立ちの完成度に驚いたものです。
jonbenet_288x358.jpg



当初、警察は家族が犯人とにらんでいました。
そのため、家族と警察が対立し、捜査への協力が得られなくて初動捜査が大幅に遅れる、という結果になったんですよね。


犯人はいまだに捕まっていないのですが、
事件から数ヵ月後にはジョンベネちゃんと同じダンス教室でダンスを習っていたエミリーちゃん(仮名)という女の子が、性的暴行をうけ、誘拐されそうになったという事件が起きます。


エイミーちゃん事件で発見されたDNAサンプルによるコロラド警察の科学捜査では、およそ100人の名前が上がっているそうですが、その中にはジョンベネちゃんの両親や家族・知人は含まれていません。
また、犯行時に犯人がエイミーちゃんの名前を呼んでいたため、エイミーちゃん本人を狙っていたことは明らか。


CBSの報道によれば、「犯行後、家の中に隠れ、何も盗んでいないのはジョンベネちゃん事件とそっくり」とのこと。


このため、ジョンベネちゃん事件での容疑者対象からラムジー夫妻、ジョンベネちゃんの兄(当時9歳)が除外されたそうです。


ジョンベネちゃん事件については、日本でもかなり詳しく報道されていましたが、そういえばラムジー夫妻は「家族の中に犯人がいる」とほのめかすような報道をしたアメリカの報道番組を名誉毀損で訴えたりしていました。
その後どうなっているんでしょうか・・・。


ジョンベネちゃん殺人事件について、もしラムジー夫妻が潔白だったとしたら・・・。
大切な子どもが性的暴行を受けた上に殺され、挙句の果てに犯人扱いをされたわけです。
ラムジー夫妻の心の痛みはひどいものだったに違いありません。
また、「もしかしたら本当にこの人がやったのかも」という風に、身内同士で疑心暗鬼になったことも、あるのかもしれない。
本当に、気の毒です。


報道に携わる者は、みんなその影響の大きさをきちんと考えるべきですね。
「もしかしたら」「きっとこうに違いない」なんて、中途半端な裏づけで報道なんてしちゃいけないんです。
これは、少し前に上映された映画『グッドナイト&グッドラック』を見ているときもしみじみ感じたことですが・・・。
この事件を振り返って、改めて考えさせられました。



それにしても、なぜまた急にジョンベネちゃんの話題を取り上げたのかというと。
たまたまネットで調べ物をしていたら、検索ワードにひっかかって出てきたんです。


驚いたのですが、ジョンベネちゃんのお母さん(パトリシアさん)って病死されたんですね!
6月24日(先月です)、卵巣がんの再発が原因ということでした。
以下、ニュースから記事を抜粋します。




10年前に米コロラド州ボールダーで起きたジョンベネ・ラムジーちゃん(当時6歳)殺害事件が、母親のパトリシアさん(49)の病死によって、再び脚光を浴びている。全米のリトル美女コンテストの常連だったジョンベネちゃんは、自宅の地下室で他殺体で発見された。当初から内部から押し入った形跡がないため、ジョンベネちゃんの両親の事件関与が疑われた。しかし、捜査は難航を極め、犯人は、未だに誰だか判明していない。謎に包まれた事件は、パトリシアさんの死によって、さらにミステリー性を増すことになった。
(中略)
 パトリシアさんの死因は、卵巣がんの再発だった。ともかく彼女の死によって、事件は一層混迷の度を加えることになりそうだ。
 仮に彼女が何かを隠していたとすれば、その秘密は永遠に分からないことになる。その一方で、仮に外部犯行とすれば、真犯人が、われわれが知らない所で、今でも世の中を自由に歩き回っていることになる。

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2143717/detail?rd





一時は捜査打ち切りになっていたものの、何年か前に捜査が再開されたと耳にしています。
その後、進展はあったのでしょうか・・・。


パトリシアさんのご冥福をお祈りするとともに、事件の解決を願います。


重いニュースでごめんなさい。
それにしても、ここ最近は気が滅入るニュースばかりですね。国内も、国外も。




ランキングに参加しました!!

↑↑
ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト
よっぱ=酔っぱ。
ようするに、酔っぱらいのこと。


ここ最近、妙に忙しくて疲れがたまってるせいか、
毎日毎日飲んでいるせいで肝臓が悲鳴をあげたのか(理由としてはこっちが大きいかもw)、
お酒飲むとすぐ酔っぱらうようになりました(^_^;)


酔っぱらっても仕事はできるんですけどね~(あ、もちろんちゃんと酔いがさめた後でチェックしますよ)。
ただ、口が回らないんです。
噛み噛みです・・・(´A`)


そんでもって、すぐに眠くなっちゃう。
これは疲れてるせいもあるかもしれんけど・・・。
こないだなんか、酔っぱらいつつも仕事してて、気づいたら頭をすっぽりオフィスデスクの下に入れこんだ状態で床に横たわっておりました(ノД`)

自宅ならともかく、誰もが土足で出入りしている事務所でです。
避難訓練の途中で気を失った人みたいじゃないですか・・・。情けない。。。


自宅から徒歩10分くらいの場所で飲んでたくせに、
帰宅に2時間くらいかかったこともあったな~。
その間の記憶がすっぽり抜けてます。
仮にも女の子(27でも女の子、って言わせてくださいw)なのに。


でもね、案外危険な目にあわないものですよ。
飲んだらタクシーで帰るようにしてるし・・・。
住んでる場所が比較的治安のいい場所っていうのもあるかもしれないけど。


私のよっぱ道は年季入ってるので、周りのみんなも慣れたものです。
「ああ、またおかしなこと言ってるよ」
って感じ(笑)。
そんな感じなので、いつもいつものびのびと飲んだくれています。


ああ、そうだ。
そういえば昔、渋谷のクラブで飲んでたら酔っぱらってしまい、
そんなとき声を掛けてきた酔っぱらいの黒人と仲良くなって、
渋谷センター街で、手をつないでクルクル回ったことがあります。

senobyoji2.jpg

女子高生「石井 君、セノビーにはMBPが入っているのよ~」
(中略)
アリキリ石井「あははっ、あはっ、あはは ははは~」

ってCM、覚えてます?
女子高生が、アリとキリギリスの石井ちゃんをジャイアントスイングで投げ飛ばすCM。

あれにほぼ近いような感じで、宙に浮いてたんですよ、私ってば(´A`)
たまたま、ビデオカメラを購入したばっかりの友人がそれを撮影してて、後日シラフのときに見せられました・・・。
ああああああ、恥ずかしかった・・・。


もういい大人だから、そろそろ無邪気すぎる言動はいかがなものか、と思う今日この頃。
お酒は人をバカにします。
だからこそ楽しいんだけどね・・・。


ビールはお酒に入らない、ってことにしてもいいですか?
(どのみち車運転しないのでw)
それならきっと、やめられます(笑)。
ビールはやめられません! だって夏だもん。

渋谷のツタヤが好きで、よくウロチョロしてます(笑)。
DVDのパッケージ見てあらすじチェックしたりとか、書籍コーナーで売れ筋チェックしたりとか。

待ち合わせ場所としてもけっこう便利。いつも「じゃ、○時にツタヤの1階ね!」みたいな感じで・・・。そうしとくとどっちかが遅れても退屈しないし。
なんていっても、遅刻するのはだいたい私なんですが(^ー^;)

ま、それはおいといて。

通い詰めてるおかげか、わりとすぐポイントが貯まるんですけど、ポイントって値引きしてもらえるだけじゃなくて、こういうハンドブックをもらえるんですよね。
tsutaya.jpg


去年と内容ほとんど変わってないってわかってて、またまたもらってきちゃいました(^ー^;)
普通に会計から300円引いてもらった方が賢いかも・・・(苦笑)。

中学生とか高校生だったころは、ヒマさえあればこういうガイドブックを隅々まで熟読してましたね~。
あらすじ読んだり、キャストチェックしたりして「よし、次はこれ借りよう」みたいな。
実に正しいハンドブックの使い方(笑)。


でね、いつもいつも思うんですけど。
ツタヤの「シネマハンドブック」って、洋画ばっかり紹介してるんですよね。
いち邦画ファンとしては、もうちょっと日本映画も紹介してほしいなあ、なんて・・・。

記憶違いかもしれないけど、中学生のときにツタヤが配ってたシネマハンドブックには、「洋画版」と「邦画版」があった気が。
ここ最近、邦画盛り上がってきてるから、ツタヤにも邦画版ハンドブックをぜひ復活させてもらいたいと考えてる今日このごろです。
ここのところバタバタしてて、本屋に行く時間もなかったのですが、今日久しぶりに行ってきました(^ー^)


色々見てるとあっという間に時間が過ぎちゃいますね~。
久しぶりの本屋でちょっと興奮してたのか、気づいたらたくさん抱え込んでました(笑)。


今日買ったのは、
『STUDIO VOICE』3月号
『OZmagazine』2006年2月13日号
・雫井脩介『クローズド・ノート』
・伊坂幸太郎『重力ピエロ』
・桂望実『県庁の星』
月刊『シナリオ』3月号
の6冊。


けっこう買ったなあ・・・。
月刊『シナリオ』はけっこう好きでよく買います。
知らない人はこんな雑誌が出てることすら知らないことでしょう・・・。
そんくらいマニアック(笑)。
ちなみに、今回は映画『県庁の星』のシナリオが掲載されてます。
パラパラ読んだら面白そうだったので、ついつい買っちまいました(^ー^;)


『STUDIO VOICE』の今回の特集は、「今最も面白い小説150冊!」。
ミーハーと言われようとなんだろうと、人が面白いって感じるものがどのあたりなのか知りたいじゃないですか、ね?


どれから読もうかなあ。
こんだけ買い込むと、無性にワクワクします(笑)。
徹夜しちゃいそう・・・。
ここのところ、非常にバタバタしてます。
この間まで結構マメにブログ更新してたんですけどね~。
ひとりで悔しがってます(笑)。


以前の仕事とのつながりで、フリーでライターとしてもお仕事受けてるのですが、
先週末からずっと、
取材つづき→原稿締め切りに追われる
という構図から抜け出せずにいて、死にかけてました(-x-;)


ようやくちょっと落ち着いてきましたよ~。
またボチボチブログに復帰します!
書けずにいた日付分も、ちょっとずつ時間見つけて穴埋めしたいですが、これは時間許せばってことで(笑)。


これからもよろしくです!!

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。