上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見ました、三谷幸喜の最新作、『THE有頂天ホテル』


hotel.jpg


映画ランキングでトップに輝き、連日満員らしいと耳にしてたので、見ようか見るまいか迷ってました。
が、今日みたいに雪模様の日だったら、映画館も空いてるかも・・・との思いで映画館へ。

着いてみたら、上映1時間前だというのにすでに大行列(・Д・;)
すでにめげそうになりましたが、寒空の中わざわざ出向いたことだし、今回はがんばって並びました(笑)。

それにしても、すごい混みっぷり。飲み物買うのに20分くらい並びました!
並んでるうちに予告編はじまっちゃって、ちょっとショックだったな~。
映画館行ったら、やっぱり予告もチェックしたいですもんね。
どんな作品が公開控えてるのか気になるので・・・。


ストーリーは、いまさら説明するまでもないでしょうね。
さんざんいろんな特番組まれてますし、テレビとかでも予告すごい流してるし。

舞台は大晦日のホテルアバンティ。
ホテルの威信がかかったカウントダウンパーティーまであと2時間。
ところが、様々なトラブルが続発!
はたして、パーティーは無事成功するのだろうか・・・?!
というもの。

なかなかよくできた群像劇!
脚本うまいです。
テンポがよかったし、登場人物のキャラクターがみんな個性的でおもしろかった☆
登場人物たちがみんなちょっとずつ幸せをつかめる話に仕上がっているので、見ていて幸福感もあります。
私はけっこう好きですね、こういう作品。

この映画でとくに光ってたのが、松たか子。
この人、最近ますます演技うまくなりましたね~(^ー^)
見ていて華があります。
セリフ回しも上手で聞き取りやすいし。
matsu.jpg



もちろん、役所広司は言うことなし。
副支配人という役柄を上手にこなしてました☆
yakusyo.jpgyakusyo_2.jpg




ラストシーン、すごくよかったです。
仕事を終えたホテルスタッフたちも参加する中、カウントダウンパーティは大成功。
一同盛り上がりながらお酒を飲んだりしてるのですが、役所広司演じる新堂だけ手を出しません。
「もうひと仕事残ってるから」って。
「もう終わったはずなのに、残ってる仕事ってなんだろう?」って、みんな首を傾げる中、新堂はホテルの入り口へ向かいます。
そして・・・。
続きは映画館で見て欲しいですが、なんだかこの瞬間が一番好きでしたね。


このシーンで、ホテルの入り口へ向かう新堂が、もうひとりの副支配人・瀬尾を突き飛ばします。
そして、とてもうれしそうな顔でドアを開けたんです。

突き飛ばしたときは、その理由がすぐにはわからなかったんですが、
「ああそうか、そういえば新堂はあのシーンで、自分の夢を聞かれてこう言ってたな・・・」
と急に思い出しました。
最後の最後、一番大変な思いをした新堂にも小さな幸せが舞い降りるラストに、ちょっぴり感動。


いっぱい笑えて、心があったまる映画でしたね。
やっぱりおもしろいです、三谷作品ヽ(*^∀^*)ノ
正月の古畑に続けて楽しませてくれて、本当にうれしいです! ありがとう、三谷さん☆
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。