上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学生とか高校生のころ、漠然と「大学行くなら、考古学とか勉強してみたいなあ・・・」なんて思ってました。
遥か昔の人たちが、どんな生活をしてたのか。これって、すごいミステリーじゃないですか?

たとえば、エジプトのピラミッド。
あんな大きな建造物を、一体どうやって作ったのか?
中学生のころ読んだ歴史マンガ(図書室とかにありましたよねw)では、長い傾斜をたくさんの男の人たちが何組かに分かれて綱で大きな石を引っ張り上げているような感じで描かれてました。

実際、そういう仮説もあるみたいですけど、小型のピラミッドならいざ知らず、クフ王のピラミッドのレベルになると、使われている石は230万個とも260万個とも言われてます。
ひとつの石が平均重量2.5トン。これを仮説どおり20年間で積み上げたとすると、1日12時間労働で、年間を通して全く休みなく作業したとしても、1日に320個、1時間あたり最低26個のペースで据え付けていかねばならないことになるそうです。

んー。無理なんじゃないかなあ。
しかも、ピラミッドの高さが上がってくと、石を運ぶための傾斜も急勾配になってくわけで。かなり危険・・・。


と、まあ前置き長くなりましたが(笑)。
今日夜9時からTBSでやってた「古代発掘ミステリー 秘境アマゾン巨大文明」、もちろん見ました!

別にね、番組の中で新事実が判明するってことを期待してるわけじゃなくて(っていうか、そんなことあったらテレビになる前に新聞にも載るでしょw)、いままで写真とかでしか見たことがなかったようなものだとか土地だとかが、映像で見られるっていうのが面白いんですよね、こういう番組って。


未開の地と言われるアマゾンにも、古代文明があったかもしれないなんて。
すごいロマンを感じちゃいます。
テレビで見てるだけじゃなくて、やっぱり一度は行ってみたいなあ。




ちなみに、大学は考古学専攻できませんでした。
私が滑り込みセーフで合格した大学にはそういうのがなかったんです・・・。
基本的に、考古学が勉強できる大学って、かなり偏差値高いですよ(-x-;)
やっぱり、もうちょっと勉強がんばっておけばよかったな~。

スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。