上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞の夕刊で連載されていた作品。
連載中からかなり話題になってました。とにかくおもしろいです。
そして、泣けます。


tsubakiyama.jpg


『椿山課長の七日間』/浅田次郎著
朝日文庫 630円


働き盛りの46歳で突然死したデパートマン・椿山と、誰かに間違われて撃たれて死んだ真面目なヤクザ、交通事故で死んだ少年・・・、現世に思い残しがあった3人が、特別に許可を得て舞い戻った。
それも、生きていたころとは全く違う仮の姿で。
タイムリミットは初七日を迎えるまで。


この小説の中で描かれている「死後の世界」は、私たちが普段想像しているような世界とはまったく違います。
たとえば、現世で重大な罪を犯していても、即地獄行きではありません。
きちんと「講習」を受けて反省したら、極楽浄土へ行くことができるようになってます。


ほとんどの人は、この「講習」を受けることになります。
「講習」を受けずにまっすぐ極楽往生できる人の条件は、「殺生をしない、盗みをしない、邪淫に溺れない、嘘をつかない、酒をのまない」の五戒すべてを守っていた人だけ。
もちろん、程度の問題はあるから、罪のない嘘くらいは許されるとのこと。
罪の重さは、「相手をどれだけ深く傷つけたか」が基準とされます。

「こわいこと」(つまり、地獄行きということらしい)にならないために、破ってはならない規則は、
・正体を誰にも明かさない(見破られてもダメ)
・復讐はしない
・期限を守って天国に帰る
の3つ。

愛する家族や友人に再会できても、別人としてふるまわなければならない。
それはとても切なくて、時には悲しく、そして苦しい。
知りたくなかったことまで知ってしまって、深く傷つくこともある。
だけど、彼らはそうまでしてやりとげたいことがあった。

本当の愛って、なんだろう?
そのひとつの答えが、この本のなかにあります。


とても温かい気持ちになれる作品です。
まさしく、浅田次郎ワールド。
最近心がささくれてる、って人は、ぜひ読んでみてください。


それにしても、「死後の世界」の設定がすごくおもしろい。
一体どうやったらこんな世界観を思いつくのか?
浅田次郎の頭のなかをのぞいてみたくなっちゃいました(笑)。


そうそう、ドラマ化決定したらしいですが、詳細まだわかりません。
ちなみに、私はなんとなく、椿山課長に西村雅彦の姿を重ねて読んでました(笑)。
キャスティングどうなるのか、今から楽しみです(^ー^)




Amazonでこの本をチェックする→『椿山課長の七日間』
スポンサーサイト
トニー・ジャー最新作!
前作、『マッハ!!!!!!!! 』ではかなり興奮させてもらいました・・・。
ストーリーはムチャクチャだけど、アクションがとにかくスゴイんです。
すごすぎて笑いが止まらなくなっちゃうほどでした~☆


というわけで、公開初日、さっそく映画館へ。
今回はシネマGAGA!渋谷で見てきました。
ここの映画館は座席の座り心地がよくていいです。

tomyam_1.jpg

『トム・ヤム・クン!』
監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ
出演:トニー・ジャー、ペットターイ・ウォンカムラオ、ボンコット・コンマライ、チン・シン、ジョニー・グエン、ネイサン・ジョーンズほか
公式HP:http://www.tyg-movie.jp/


王を守る最強のムエタイ兵士たちの末裔が、王に献上するための象を育てながら、タイ東部の村でおだやかな暮らしをしていた。

この村で、父・コイと一緒に暮らす少年・カームにとって、象のポーヤイはもうひとりの父親のような存在。
学校への送り迎えや水浴び、農作業・・・、何をするにも一緒だった。

やがてポーヤイが恋をして、子象を授かった。
子象はコーンと名付けられる。
こうして、カームに“弟”ができたのだった。

父親と、象の家族と一緒に幸せに暮らしていたカーム。
しかし、平和だった村に、事件が起こる。
動物密輸組織が現れたのだ・・・!

子象のコーンを守ろうとした母象は撃ち殺されてしまう。
密輸組織の連中は、その場からは逃げ去ったものの、密輸をあきらめたわけではなかった。
今度は王への献上のための審査をする主催者側と手を組み、象を海外に密輸しようと企んでいたのだ。

そうとは知らず、ポーヤイが王への献上に値する立派な象になったと判断したコイは、ポーヤイを連れてソンクラーン(水掛祭り)で行われる象の審査会に参加するが、そこでコーンの母象を殺した男をみつけたポーヤイは興奮し、暴れ出す。
異変に気付いたコイはポーヤイを連れて帰ろうとするが、審査会の主催者に銃で撃たれてしまう。

一方、会場の外で待っていたカームとコーンは、露店で賑わう人混みの中ではぐれてしまう。銃声を聞き、駆けつけたカームは町中を暴走するポーヤイを追うが、あと一歩のところでコーンと一緒に組織に連れ去られてしまう・・・。


大切な家族を取り戻すため、カームは立ち上がった!


というストーリー。
前作『マッハ!!!!!!!! 』より少しストーリーが複雑になってます。
でも、基本は同じですね・・・。仏像が象になっただけ。


監督は、『マッハ!!!!!!!! 』が世界的にヒットしたプラッチャヤー・ピンゲーオ。
前作では、色んなアングルからひとつのアクションを見せる、という映像的工夫がされていましたが、今回そればありません。
が、相変わらずアクションはオモシロいです。


すさまじい肉弾戦が繰り広げられます。
トニー・ジャーが襲いかかってくる大量の敵の骨を連続して折りまくったり、象の骨を両腕にくくりつけて武器にして立ち向かったりします。
ちなみに、敵としてアメリカのプロレスラー、ネイサン・ジョーンズが出演してます。
PRIDEとかで顔見たことあったけど、トニー・ジャーと並ぶとからだの大きさが際立ちますね・・・。
とにかくデカイ!


映画を観ながら、「おいおい!」と、ツッコミ入れたくなるアクションシーンが満載でした。
死んじゃうって、普通の人間は・・・(笑)。


私的には『マッハ!!!!!!!! 』でも相棒としてコミカルな演技を魅せてくれたペットターイ・ウォンカムラオが出演してるのもうれしかった(^ー^)


それにしても、タイ人の名前って、覚えにくい・・・。
なかなか顔と名前が一致しないんだよね。
なんか覚えるコツあったら教えてください。
ここのところ殺人的に忙しく、ブログ更新できずにいました・・・。
気づいてみれば半月以上更新してない状態。
ダメダメですね・・・(-x-;)


すこし時間できたので、振り返りつつ覚えてることだけ書き足しますね!


あ、もしよければ、4月9日は読んでほしいかな、なんて・・・(笑)。
父の誕生日。
彼の誕生日が終わったばっかりなのに、またまたプレゼント探しに奔走・・・。


どういうわけか、ここ数年、うちの家族はやたらイベントごとを大事にするようになったんです。
たぶん、みんな忙しくて家族揃って食事したりって機会がなくなっちゃったせいでしょうね。
今回も、母からメールが・・・。
「明日パパの誕生日だから、プレゼント持って20時までに帰ってきてね」。


すっかり忘れてプレゼント準備してなかったので、慌ててデパートへ。
土曜日でよかった・・・(笑)。


色々見て回った結果、「やっぱり靴かなー」、と。
会社行くときはちゃんと革靴履いたりとかしてるみたいですけど、「ちょっとお出かけ」ってときにいつも変なの履いてくるので(笑)。


紳士靴売り場をさんざんウロウロして、結局は一番最初にピンときたのを購入。
リーガルの、ソールが白いデッキシューズのようなやつ。
リーガルといえば、地味なビジネスシューズのイメージだったんですが、最近はお洒落なのも出してるんですね(^ー^)


上の弟はデジカメプリンター、下の弟はラコステのきれいなサックスブルーのシャツをプレゼントに選んでました。
「こんなに色々もらっちゃっていいのかな~、どうせなら来年豪華な方がいいんだけど」。
そういえば、父は来年還暦です。
もうそんな年なんだなあ、とみんなでしみじみ。


父としては、プレゼントよりも家族全員で食卓を囲めたのが嬉しかったみたい。
ワインを飲んで上機嫌でしたよ(笑)。


ちなみに、9日に無事初産を済ませた彼の妹の誕生日もこの日です。
いい誕生日過ごせてるといいなー。



「かもめ食堂」を観に行ったときに、予告編を観てものすごい気になったんですよね、この作品。

で、チェックしてみたら俳優の津川雅彦の初監督作品だと知って・・・。
「これは観たいぞ!」と(笑)。
津川雅彦、ダイスキなんですよ~(^ー^)


で、またまたシネスイッチ銀座へ。

nezunoban.jpg

『寝ずの番』
監督:マキノ雅彦
脚本:大森寿美男
原作:中島らも
出演:中井貴一、木村佳乃、堺正章、笹野高史、岸部一徳、長門裕之、富司純子ほか


上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴(長門裕之)は、弟子たちが見守るなか、病院の一室で最期のときを迎えようとしていた・・・。

師匠、一番弟子、おかみさんも相次いで亡くなり、それぞれのお通夜の席で、「寝ずの番」をする弟子や故人ゆかりの人々が、悲喜こもごもの想い出話に花を咲かせます。

想い出話からは、故人に対する愛情や親しみ、絆が感じられて、しみじみと温かい気持ちにさせられるんですけど、それだけじゃありません。
ちょっとエッチであぶない爆笑エピソードが連発(笑)。

大切な仲間の通夜を、ただ泣き濡れるのではなく、楽しんで見送ろうとする。
師匠の遺体と一緒にラインダンスしちゃったりするような悪ふざけをしながらも、みんな同じような悲しみを心に抱えてる。
「師匠は死んじゃったけど、もう動かないけど、たしかに僕らの中にいるんだ」っていうような意識が伝わってきて、けっこうジンときます。


通夜に同席する仲間と一緒に、観客も笑ったりしんみりしたりできる、いい映画でした。
ただ、ちょっと時間が長いのが難点。
もう少しコンパクトにまとまってた方が、私的には好みかな。
それを抜きにしても、楽しい映画でした。
キャスティングがすごく良いです。
中井貴一とか岸部一徳の演技に思わず見入っちゃう。


そうそう、津川雅彦って、マキノ省三の孫だったんですね!
知らなかったー(・△・)
「日本映画の父」と言われるマキノ省三の孫と聞いて、初監督作品の完成度の高さに納得。
ちなみに、叔父さんも映画監督。マキノ雅弘です。
すごい芸能一家だなあ・・・。



彼の誕生日です。
せっかく日曜なのに、私は仕事で出なければならず・・・。
「夕方には戻れるから、そしたらおウチでゴチソウつくってまったりしようね♪」
なんて話をしてました。


お昼ごろ、彼からケータイに着信。
かなり興奮した様子で、「妹、陣痛はじまったって!!」。


初産ってこともあって、予定日よりもだいぶ遅れての出産。
私の彼も、ずいぶん連絡を心待ちにしてて、「まだ産まれない?」と、予定日過ぎたころから何度も実家に電話いれてたようです。
ようやく来た連絡に、ものすごい勢いでソワソワしてるのがケータイ越しに伝わってきて、「いい兄ちゃんだなあ・・・」ってつくづく思いました(笑)。


彼の実家は九州なので、病院にかけつけることもできなくて、ちょっと残念そうでした~。
私と付き合いだす前に、すでに彼のお姉ちゃんにふたり子どもが産まれてたので、「そのときもきっとこんな感じだったんだろうな~」って、なんか微笑ましい思いで聞いてたんですけど・・・。


あ!!!
「お昼頃陣痛きたってことは、スムーズにいけば、誕生日同じになるね! 姪っ子と」
「そうだよそうだよ、そうなんだよぉ、きっと俺の誕生日待っててくれたんだ」
「いやそれは考え過ぎ?! でもすごいバースデープレゼントだね!」
べつにね、自分たちの子どもってわけじゃないんですけど、なんかすごいなぁ、って。
私までうれしくなっちゃって(笑)。興奮しちゃいました☆


今年の彼の誕生日は、姪っ子誕生が彼にとって一番のプレゼントになったようです(^ー^)
おめでとう!!
わたしもなんか、喜んでる彼を見てすごくシアワセな感じがしました~。
いい誕生日を迎えられて、ホントに良かった!
『友へ チング』の監督、クァク・キョンテクが韓国史上最大の制作費を投入した人間ドラマ。
主演のチャン・ドンゴンは、役づくりのために10キロも体重を落としたそうです。
確かに、表情に鬼気迫るものがありました・・・。

typhoon_main.jpg

『タイフーン TYPHOON』
監督・脚本:クァク・キョンテク
出演:チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ、イ・ミヨンほか
公式HP:http://www.typhoon-movie.jp/


“北”から韓国に亡命するはずだった。
何事にも慎重な父は、韓国側への根回しも済ませていた。
しかし、土壇場で韓国側は裏切った。
目の前で両親を殺され一族も惨殺されるなか、姉とふたり、やっとの思いで逃げ延びた少年は、幼心にも自分たちを見捨てた国へ復讐心をたぎらせる。

そして今。
海賊のリーダーとなったかつての少年は、南北両国へのテロによる復讐と、生き別れた姉との再会を夢見、着実に準備を進めていた。
その謀略を阻止すべく、韓国は海軍の極秘捜査官を派遣する。
そして、このふたりの出会いは、事態を思いもよらぬ方向へ展開させていくのだった・・・。


という内容。
つくづく、「日本は平和でいいなあ」という気にさせられました。
自分の祖国を恨み、呪い、復讐を誓うなんて哀しすぎる。
でも、こうするしかきっと自分を支える術はなかったんです。
もちろんこれは映画ですけど、現実に起こっても誰も驚かないんじゃないだろうか・・・、という気がしました。


ところどころ、説明不足のところもあるんですけど、全体的にみればけっこうよく出来た映画だったと思います。
海軍の極秘捜査官役のイ・ジョンジェの演技が秀逸です。
もちろん、主演のチャン・ドンゴンもすばらしいんです。でも、より強力にイ・ジョンジェに惹き付けられるものを感じました。
typhoon_01.jpg



他の人はどうかわからないですけど、私の場合、いつも映画観てるときってだいたい主演に肩入れするんですね。
どんなに嫌なやつでも、無謀なことをやろうとしてても応援してしまうし、なんとかやり遂げてもらいたいと思う。
なのに、この映画に関しては、そういうふうに観れなかった。


主人公が他人を巻き込んでテロを起こそうとしてるから?


ううん、そういうわけじゃない。
もちろん私にも倫理観ってものはあるけど、そういう生理的な面で応援できなかったのではなくて、そのテロ行為を、命をかけて阻止しようとしている極秘捜査官の姿に心を打たれたんです。
主人公とは敵対関係になる彼に、死んでほしくないと思った。
テロが成功したら、きっと彼も死んでしまうから・・・。


その一方で、主人公の今までの苦しみを考えると、復讐を遂げさせてやりたいという気持ちもどこかにあって。
映画を観ている間中、心がすごく揺れました。
自分が参加できないことを、もどかしく思うような。
だからかな、観終わったらものすごく疲れてグッタリしてました(-x-;)


けっこう哀しいシーンが多いわりには、今回はあまり泣かずにすんだな~、と思いきや。
最後の回想シーンでやられました。
これから何が待ち受けているのか、何も知らず、幸せの絶頂にいる家族。
無理です、こらえられません・・・。
エンドロール終わっても、しばらく涙がとまらなかった・・・。


それにしてもチャン・ドンゴンって、いい男ですけどなぜかこういう泥まみれになるような戦闘ものばっかり選んで出てるような気がします。気のせいかな・・・?
いい役者には違いないですけどね。
日本の若手俳優で、こんな凄みある表情できる俳優って、いまのところ思いつきません。

typhoon_02.jpg

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。