上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル見て「なつかしい!」と思ったアナタ、さては川原泉ファンですね!?

ま、私も人のこと言えません(*^-^)ゞ
新作映画をチェックしてて、「あれ、このタイトルって・・・?」と。


20060707171257.jpg

『笑う大天使』
監督:小田一生
原作:川原泉
出演:上野樹里、関めぐみ、平愛梨、伊勢谷友介
公式HP:http://www.michael-movie.com/


「女手ひとつで苦労しながら育ててくれた母を亡くした17歳の司城史緒の前に、今まで存在すら知らなかった兄・一臣が現れる。実は司城家は旧・伯爵家のお家柄。兄に引き取られた史緒を待っていたのは上流階級の暮らしだった。一臣の希望で転入した聖ミカエル学園は由緒正しきお嬢様が集う驚愕の別世界。根っからの庶民派である史緒は必死の猫かぶり生活を始めるのだが…。」(goo映画より抜粋)


そういえば、ちょっと前にウワサ話で聞きましたよ。
映画化されるらしい、って・・・。


川原泉センセのマンガ、すっごい好きだったんですよね~。
主人公とかがすっとぼけた感じだったり、
マンガ全体にほのぼのした空気が漂っている感じで。

20060707173136.gif

『笑う大天使』は中でも一番好きな作品。
(大天使=ミカエルと読みます)

ビンボーでもつつましくささやかな暮らしをしていたのに、母が突然倒れて亡くなってしまった女子高生。
「これからどうしよう・・・」と途方に暮れる彼女の前に、実の兄を名乗る人物が現れた!
存在すら知らなかった兄の出現に戸惑う間もなく、引き取られた先は旧伯爵家。

超庶民(むしろちょっとビンボー)だったのに、いきなり上流階級の暮らしを余儀なくされた彼女は、とりあえず猫をかぶったまま転入先のお嬢さま校の門をくぐるのだけど・・・。


というお話。


必死に猫をかぶりつつ、時々“素”がポロッと出てしまう。
でも、周りのお嬢さま方も実は猫かぶってたりして、お互いさまだったりして(笑)。


20060707174411.jpg

(画像:映画『笑う大天使』より)
最初は兄に対しても一線を引いていた主人公が、ちょっとずつ兄の本心を知って心を許していく様子にも心が温まります(^-^)


川原センセの作品に登場する人たちは、みんなどこかズレていて、そこが面白かったりします。


読んだのはかなり昔(おそらく小学生のころ)なので、間違ってるところあったらごめんなさい(^-^;)
本棚探してみたけど、引越しのときどこかにやっちゃったみたいで(涙)。
古本屋で探してみようっと。


そうそう、『バビロンまで何マイル?』『ミソ・スープは哲学する』(『カレーの王子様』という短編集に収録されたもの)『美貌の果実』などもオススメです。


『バビロンまで何マイル?』は、連載中に川原センセが急病で倒れたらしく、続きが読めずにいましたが(ノД`)
単行本で完結してるらしいです(今調べてて知りました)。
知らずにソンしてた・・・!


しかし川原センセ、結構病弱だから心配です・・・。
最近はほとんど活動されていらっしゃらないみたいですが、白泉社から隔月発刊(偶数月発売)されている、『MELODY』というマンガ雑誌では書かれているみたいですね。
20060707173118.jpg



『のだめ~』でちょうどマンガ熱再燃したところだったので、これも何かの縁でしょう。
よし、久しぶりに川原センセのマンガもチェックしちゃいましょうか☆


手始めに、今日本屋で『バビロン~』単行本買おうっと♪


あ、映画は7月15日~、渋谷シネ・アミューズなどで公開されます。
こっちも要チェックだな~。
川原ワールドがどこまで再現されているのか。
観たらまたレビューをアップしますね(*^-^)ノ



ランキング参加中♪
ぽちっと押してね☆→→

追伸:
『MELODY』8月号(現在発売中)に、『笑う大天使 特別編』が掲載されているらしいです。
『笑う大天使』ファンだったみなさま、あのころの気持ちに戻ってチェックしてみてはいかがでしょ?
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。