上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、nurukanさんのブログでちらりと触れていたので、気になって読んでみました。
ノンフィクションで、上下巻。
長かったです。やっと読み終わりました・・・。


shinzo_1.jpg  shinzo_2.jpg

『心臓を貫かれて(上・下巻)』
マイケル・ギルモア著
村上春樹訳

アメリカ・ユタ州で、自ら銃殺刑を求めた殺人犯の弟が語る、家族の秘密。

兄はなぜ、罪もない人々を殺したのか?
何が兄の中に殺人鬼としての資質を生み出したのか?



4人兄弟の末っ子が綴る、兄の殺人と父親との関わり。
そこから吐き出されてくるものは、途方もなく重く、悲しく・・・。
数日前に読み終わって、考え込まざるを得ませんでした。



1976年7月。
ゲイリー・ギルモア(35)は、アメリカ・ユタ州で2件の強盗殺人事件を起こし、死刑を宣告されます。
当時、アメリカでは強い「死刑廃止世論」のため、死刑執行が10年近く中断されていたのですが、ゲイリーは減刑や死刑免除を拒否し、自ら銃殺刑を求めました。
彼の処刑は、中断されていた死刑執行再開を意味します。
それにより、マスコミは彼の死刑執行をセンセーショナルに報道したのでした。




本文中に、こんな記述があります。
「もし僕が彼らと同じくらい、とくにゲイリーと同じくらい手ひどく折檻されていたら(彼の感じた苦痛と恐怖とがいっそう残忍な鞭打ちをもたらしたわけだが)、僕だってかなりの確率で、いつか銃の引き金を引くだけのために生涯を送るように育ったんじゃないかと思う。僕の兄たちが子供時代に、あるいは思春期に、ほとんど毎週のように味わわされたもののことを思うと、彼らがまだ子供のうちに殺人を犯したりしなかったことが、不思議に思えるくらいだ」


しかし、そんな風にゲイリーに対して激しい暴力を振るった父までもが、子ども時代に父親から暴力を振られていたのです。
トラウマの連鎖が、ここにあります。


父親からの謂れなき暴力、
母親のヒステリー、
不安定な生活。


父と母それぞれが抱えたトラウマに板ばさみになった子どもたちは、他者に向けて暴力性を発揮して、自らの心を守ろうとしたのかもしれません。
彼らが求めていたものはそんなに贅沢なものではなくて、ごくごく普通のこと。
父親の「愛」、家族の「平和」。
それが叶わないから、暴力に逃げた。
あるいはそれは、死に近い場所で生きることを望んだ、ということなのかもしれません。



物語の前半は、モルモン教についての話が中心になっています。
その血塗られた歴史は、読み進めるのにかなりしんどいものがありました。
(とはいえ、後半、家族の話になっても暗い内容が続くのですが・・・)


最近、青少年の犯罪が目立つようになってきたのは「家族」としてうまく機能していない家庭が増えたからなのかもしれない、と思う今日この頃。
本当のところはどうなのでしょう?
ゲイリーを「稀な例」とするのは何か違う、という気がするのですが・・・。


今回はうまくまとめられずごめんなさい・・・(ノД`)



ランキングに参加してます☆

↑↑↑
ぽちっとお願いします☆

スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。