上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これは・・・すごい!


まだ1巻しか読んでいないけど、
確信。



『ガラスの仮面』以来のワクワク感。
表紙の絵のとおり、バレエをテーマにした漫画なんだけど、

登場人物設定、
そして、主人公に絡んでくる人物たちの
“バレエにかける情熱”がハンパなくて、
グイグイ引きこまれちゃった。


実は私、今までちょっと山岸涼子作品を敬遠してたところがあるのです。
絵が苦手なんですよ。。。


子どものころに、
わたしの人形は良い人形っていう作品を読んだことがあって(これも山岸涼子の作品)、
これが・・・


とにかく、コワイ!!!
(((;゚Д゚)))カタカタ


大人になってからも、
ふとこのマンガを思い出しちゃったりすることがあって、
そうすると、
トイレにひとりで行けなくなってしまうのです。


いや、マジで。


そんなわけで、
私的に
『山岸涼子』ってキーワード自体が
軽くトラウマになってた。


今までソンしたなあ・・・(ノД`)


少女マンガ好きにはこたえられないですよ、この『舞姫』


人から借りて読んだんだけど、
これを書いてる今でも
「こんなことしてる場合じゃない!
 早く本屋にいかなければ・・・(゚Д゚;≡゚Д゚;)」



って気持ちでいっぱい。
全10巻ってことで、全部出てるらしいので、
今日中に全巻入手するつもり。

給料日前でキツイのに(*´―`) フッ


ひさしぶりに
マンガ熱
高まってますw


ちょっと、鳥肌たちました。


---6/22(金)追記---

10巻まで読みました。
全10巻って書いちゃったけど、
第一部が10巻までってことでした。
誤情報すみません(ノД`)

驚きの展開で第一部が終わりました。

はやく続き読みたいです・・・!





スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。