上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学生くらいまで、マンガって大好きでした。


両親がマンガ嫌いで(最近判明しましたが、実は父はかなりのマンガ好きでした・・・。母と子どもたちの手前、嫌いなフリしてたらしいですw)、
マンガ禁止令が出されていたので、おそらくその反動でしょうね(*^-^)ゞ
隠れて買って、コソコソ読んだりしてました(笑)。


高校生くらいから、マンガより他に色々興味のあることが出てきたこともあって、すっかり遠のいていましたが・・・。


ここ最近、またマンガ熱に火がついてしまいました。


原因は、『のだめカンタービレ』です。
20060706135103.jpg




このマンガ、おそろしく面白い!
かなり話題になっているので、もうすでに読んだ方も多いことでしょう。
クラッシック音楽界を舞台にしたコメディもの。
キャラクター設定が秀逸で、クラシック音楽の知識がなくてもワクワクしながら読めちゃいます。


『のだめカンタービレ』については、すでに色んなブログやHPで話題に上っているので、もっと知りたい方はそちらをチェックしていただくことにして・・・(´▽`)


今回紹介したいのは、『のだめカンタービレ』の著者、二ノ宮知子さんが1995年~2001年の間に「月刊きみとぼく」で連載していた『天才ファミリーカンパニー』。
20060706135115.jpg



おそらく高校生のころだったと思いますが、たまたまコンビニで「きみとぼく」を立ち読みしていて、『天才ファミリーカンパニー』に出会いました。


といっても、パラパラ立ち読みしただけだったし、タイトルも全然覚えてなかったんです。
私が立ち読みした回は、老け顔の男子高校生が(しかも性格にかなり問題アリ)、経営が悪化した書店の立て直しをしている、というものでした。
妙に面白かったので、なんだかずっと頭の片隅にあったのですが・・・。


『のだめカンタービレ』がかなり話題になっていたので、「これはやっぱりチェックしなきゃな」と、読み始めたところ・・・。


あれ?
この絵、このテンション、どこかで出会ったことがあるような?
でもこのマンガ家さんの作品、読んだことあったっけ??


実は私、一度見た映画や本についてはかなり詳細にわたって覚えているタイプ。
読んだことのある作家の名前を覚えてないなんて、よほどのことがない限りありません。


このままじゃ気持ちがわるいので、とりあえず『のだめカンタービレ』の著者、二ノ宮知子さんの過去の作品をチェックすることに。


で、再会!
それが『天才ファミリーカンパニー』だったんです。


前置き長くてすみません・・・(笑)。


「村山総理」、「windows95」など、懐かしい単語が満載。
書店の経営を立て直そうとした主人公が、「日本ではまだどこもやっていないから」と、HPを設立、そこで本の注文を取れるシステムを組んだりするのも、当時のPC業界の様子がうかがえて面白いです。


「M&A」、「マネーロンダリング」などといった、経済用語もたくさん登場します。
少女マンガなのに・・・。
「きみとぼく」を読んでいた世代が、理解できたかどうかはかなりナゾですが(笑)。
でも、ここ最近の中高生だったらある程度わかるかもですね!
「ライブドア」騒動で、テレビでかなり詳しくやってましたから・・・。


主人公は、天才男子高校生。
母は大手製菓メーカーでバリバリ働くキャリアウーマン。
父親が幼いころに亡くなり、母とふたり二人三脚でやってきた主人公は、営業戦略やプレゼンテーション用の書類作成など、母の仕事を裏で支えてきたわけです。


なのに!
ある日突然、母の再婚相手とその息子が家に転がり込んできます。
自称作家(ただし、現在は何も書いている様子はなく、無収入)と、主人公と同じ年の野生児に、メチャクチャに振り回された主人公は、彼らに暴言を吐きまくったり、長期家出をしたり、それまでの日常と違った日々を過ごすことになります。


とにかく、登場人物のキャラクターが濃い作品。
ものすごくゆがんだ性格をしていた主人公が、だんだん丸くなっていくのも読んでいて楽しいです。


だまされたと思って一度読んでみてください。
いま、スペシャル版(全6巻)が出版されていて、『のだめ~』の横に置いてる書店が多いので探しやすいと思います☆


ご参考までに、二ノ宮知子さんのHP→→http://www.din.or.jp/~nino/




ランキングに参加しました!!
←←ぽちりとお願いします(ノ´▽`)ノ

スポンサーサイト

Comment


こんにちは。
のだめファンです。

天才ファミリーカンパニーは読んだ事ないですねー。
買ってみたいと思います♪

ちなみに二ノ宮さんの本では”平成よっぱらい研究所”がお薦めです。
全1巻で、文庫版も出てますよ。
既に読んでそうですけど・・・。

こんばんわ。
LINKありがとうございます。
私もLINKさせていただきます。いやだったら、言ってください。光のスピードで削除します。。。

あと

そのうち、渋谷の交差点で会いましょう
wwwwwwwwwwwwww
そんなに、おもしろいんだぁ~この漫画。
みてみよっかなぁ~
ねーねー、稲中とどっちがおもろいの?ですか。
>nuruさん
実はまだ読んでないんですよ、『平成酔っぱらい研究所』。

私の周りからも、評判聞いています。
なんだか二ノ宮さんに親近感を覚えそうな内容ですが(笑)。

買ってみます!
>styleview さん
こちらこそ、LINKありがとうございます☆

ちょこちょこ遊びにいかせていただきます(*^-^)ノ


稲中・・・。なつかしいですね~。
京子ちゃんが好きだったな(笑)。
『天才ファミリーカンパニー』、おもしろいですよ。


最後がちょっとグダグダですけど(笑)。
稲中との共通点は、とにかくキャラが濃いところかな~。


じゃあ、こんど渋谷交差点で(笑)。

面白そうですねぇ~♪ 今度さがしてみよっと!
>じょにぃ~さん
ご訪問ありがとうございます☆

また遊びにきてくださいね~(*^-^)ノ
こんにちわ
ブログに訪問いただいてありがとうございましたー^^
私も
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/blog-entry-49.html
の感想に書いているとおり、二ノ宮 知子さんの作品大好きです。
確かに平成酔っぱらい研究所も面白かったです。

また来てくださいね。こちらからもお邪魔します^^

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。