上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにカウンタ見てびっくりしました。

今日のアクセスが急増中。。。


なんで?
と思ったところで、朝の「特ダネ」を思い出しました。


先日急に思い立ってジョンベネちゃん事件についての記事を書いたのですが、(チェックしたい方はコチラ→→http://tokyom.blog40.fc2.com/blog-entry-114.html)

なんともタイムリーなことに、
昨日ジョンベネちゃん殺人事件の容疑者が逮捕された、というのです。


以下、ニュースページからの抜粋です


-----

米捜査当局は16日、10年前にコロラド州ボルダーで起きた美少女コンテストの女王、ジョンベネ・ラムジーちゃん(当時6歳)の殺人事件の容疑者がタイのバンコクで逮捕されたと発表した。容疑者は別の性犯罪容疑で逮捕され、ジョンベネちゃん殺害について証言したという。美少女コンテスト、児童虐待、子供への性犯罪、報道被害など90年代の米社会を象徴するキーワードにからんだ殺人事件は解決に向かいそうだ。


 MSNBCテレビによると、逮捕されたのは元小学校教諭、ジョン・マーク・カー容疑者(42)。米国で性犯罪歴がある。同容疑者はバンコクで別の性犯罪容疑で逮捕されたが、米捜査員に対してジョンベネちゃんの殺人犯しか知り得ない情報を告白したという。容疑者は近く米国に移送される。


 ジョンベネちゃんの遺体は96年12月26日午後、父親のジョンさんが自宅地下室で発見した。テープで口をふさがれ、首にビニールひもが巻かれ、拷問された跡もあった。母親のパトリシアさんが自宅に置かれた身代金要求のメモを見つけて通報し、警察が誘拐事件として捜査を開始した数時間後のことだった。


 当時、警察は夫婦を容疑者とみて、うそ発見テストや筆跡鑑定を何度も繰り返した。夫婦は外部侵入者による殺害を主張したが、父親が遺体を発見場所の地下室から居間に運んだり、夫婦が4カ月以上も警察の事情聴取に応じなかったことも疑惑を深め、事件報道が過熱した。そのためジョンさんは失職し、一家はジョージア州アトランタに引っ越した。


 その後、捜査は行き詰まった。ジョンベネちゃんの下着に残っていた容疑者の体液のDNAは両親のものと一致せず、コロラド州ボルダー郡大陪審は99年、「起訴するに足る証拠がない」と結論づけた。捜査は同州の特別調査チームに引き継がれていた。


 容疑者逮捕の報道に対し、父親のジョンさんは弁護士を通じ「妻は捜査が終結に近づいていることを知っていた。もし生きていたら、私と同じくらい喜んだことだろう」とのコメントを発表した。母親のパトリシアさんは今年6月、卵巣がんで病死している。

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2331356/detail

-----


前のブログでも書きましたが、
自分の大切な子供が殺されたというのに、犯人扱いされて追い回されたご両親の気持ちを考えると、非常に苦しいです。


せめてもの救いは、パトリシアさんが亡くなる前に容疑者浮上の知らせを受けていた、ということでしょうね。
そうじゃなかったら、本当にやりきれません。


あのころ(10年前)は、日本のマスコミもさんざんジョンさんとパトリシアさんを容疑者扱いしてましたものね。
アメリカからの情報を元にしているからある程度仕方がないのかもしれないけれど、マスコミも今一度報道のあり方を見直さなくてはならないんじゃないか、と思います。


ちなみに、朝の「特ダネ!」では、10年前に容疑者扱いしたことに関してのコメントは一切ありませんでした。
ま、こんなものでしょうが・・・。


容疑者の写真ですが、下記のページで見つけました。
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack.cgi?main+CN2006081701001148_1
jyonnbene_yougisya.jpg


元小学校の教師ということですが、
こうなると「仕事として小学校の教師を選んだ」ということにも、何やら普通じゃない目的を感じます。
卑劣だし、本当に許せません。


亡くなったジョンベネちゃん、パトリシアさんのご冥福をお祈りするとともに、事件のすべてが明らかになることを願います。


もう二度とこんな事件が起きませんように・・・、と思うけれど、
ますます変な事件ばかりが起こる今日この頃。
悲しいニュースばかりで滅入りますね。




ランキングに参加してます☆

↑↑↑
明日は明るいニュースがあるといいな。
スポンサーサイト

Comment


すごいタイミングでしたね。
ニュース見てビックリしました。

それにしても、これで夫婦の潔白が証明されたわけですね。
無責任なマスコミで人生を滅茶苦茶にされてしまった家族が本当に可哀想です。

報道の自由とは言うものの、自由とは責任を取ってこその権利。
マスコミの責任の取り方って何でしょうか?

でも、今更何されたって、犯罪者扱いされた過去は消えませんよね・・・。
結局はマスコミ自体にモラルを求める事しか出来なさそうですね。
>nuruさん
わたしもビックリです。

手のひら返したかのようなマスコミの報道にはもっとビックリですが。

以前もこんなことあったような・・・って気がしてならないのですが、
1度あることは2度あるし、3度あるんですよね。
仕方ないのかな・・・。

しかしこの容疑者、ホントに犯人なのでしょうか。
最近の報道を見ていて、ますますわからなくなってきました・・・。

ハーブティー
ハーブティーを探すなら http://www.mladickrealty.com/100316/201439/
グリーンナビ
グリーンの検索サイト。キセキ、グリーンレーベル、ここはグリーンウッド、エバーグリーン、グリーンホテルなどグリーンに関する各種情報をお届けしています。 http://actor.atmormortgage.com/

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。