上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Going my way なウチの母。
その上をいく祖母。

さすが血がつながってるだけある。


・・・ということは私もそのうちああなるのか(´A`)
ヤバイ。


と思わされる出来事が。


それは
結婚式当日のこと。


海の見える、ステキな会場で式が執り行われました。
参加者は親族と
嫁さんの親友とそのお母さんのみ。
総勢16名という、アットホームな規模の式です。


新郎新婦の入場前。
張り切って弟にビデオカメラを渡す母。

母「これでくまなく撮影してね」

弟「あそ、わかった」

式場スタッフ「撮影は私どもの方でプロのカメラマンを用意しているので、どうぞ式に集中されてください」

母「あ、ほら、来たわよ。早く!」

弟「っていうか。今言われたじゃん」

式場スタッフ「(苦笑)あの、どうかカメラ越しでなく、直接新郎新婦を見てあげてください」

母「じゃあ、このカメラで撮ってちょうだい」

式場スタッフ「あの、もっと綺麗に映るプロ用のカメラを用意しておりますので・・・(困惑)」

向こうのご家族、失笑。


おいおいおーい。
恥ずかしいってば(ノД`)


そんなひと悶着もありつつ、
おごそかに新郎新婦入場。


わが弟、
ちょっとにやけてる。
くそぅ。シアワセそうだなぁ。


式の最中、
結婚の誓いで
嫁さんが涙ぐむシーンもあり。
「いい結婚式じゃないの~(*´∀`人)」
という雰囲気に。


ところがそんな空気をぶち壊す出来事が。


順調に式が進み、
無事終了。
新郎新婦と司祭様との記念撮影も無事終了。


今度は海をバックにして、記念撮影・・・
そんな時にまたしても、出ました!!!!


プロのカメラマンがカメラを構える横で、
自分のカメラを構える母。



・・・嫌な予感が(;゚Д゚)


案の定。
カメラマンの横でパシャパシャ撮り始める母。
母「こっち目線ちょうだい!」


あの~、
カメラマンがせっかくプロ用にフラッシュたいてるのに、
あなたのデジカメのフラッシュが邪魔してますよ(;゚皿゚)


慌てて止めに入る私。

私「ちょっとママ、撮影の邪魔だよ!」

母「なんで? いいじゃない、私だって撮りたいわよ」

式場スタッフ「あの、後ほどご家族が撮影するお時間も設けておりますので・・・」

母「そうなの・・・(・ω・´)」


ふと見回すと、祖母の姿がない!
どこに行った!?


つづく。



スポンサーサイト

Comment

生産性賃金管理士
生産性賃金管理士とは、企業の賃金制度の分析・設計・改善などを行うコンサルタントを認定する資格 http://kakistocracy.wglorenzetti.com/

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。