上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一日ヒマだったので、「おもしろいことないかな~」とかって思いながらネットサーフィンしてたら、偶然こんなサービスを見つけました(^ー^*)


→→タイムカプセル郵便サービス『未来便.com』


指定した日付に、預けておいたタイムカプセルを届けてくれるようです。

タイムカプセルって、土に埋めるものだと思っていたけど、こんなサービスあるんですね!

私が行ってた学校ではタイムカプセルってやらなかったんですけど(もしかしたらうちのクラスがやらなかっただけ??)、友人たちと話してると、けっこうタイムカプセルの話とか出てくるんですよね。

友人は、小学校のときのタイムカプセルを成人式の日にみんなで集まって掘り出したそうです。

でも、埋めた場所って、わりとうろ覚えなんですね。
「なかなか見つからなくて、みんなであちこち掘り返して疲れたよー」
ってぼやいてましたもん(笑)。

小学校の裏庭の木を目印にしたらしいんですけど、目印の木がすごい成長してたのと、他にも似たような木が増えてたのとで大変だったそうです。

地面を掘り返すときも、木の根っこが邪魔で苦戦したとか(笑)。

そういう手間を考えると、未来便のようなサービスってすごく親切なのかもしれないですね。
みんなで一緒になって掘り返して見つけるっていう感動は味わえないけど・・・。

このサービスの内容を読んでて、急に思い出した映画があります。

何年か前に公開された『世にも奇妙な物語 映画の特別編』
のうちのエピソードのひとつ、稲森いずみ主演の『結婚シミュレーター』です。

(ネタバレしています。続きを見たい方は進んでください)

突然雨に降られた女性(稲森いずみ)が、雨宿りのために屋根に駆け込むところから始まります。
同じように雨宿りしようと屋根の下に男性(柏原崇)が駆け込んできます。
しばらく無言で雨を見つめるふたり。
知らないもの同士なので、気まずい雰囲気が漂います。
でも、雨足は一向に弱まる気配もなく・・・。

男性が、不意に口を開きます。
「やみそうもないですね」
「そうですね・・・」

当たり障りのない世間話をして、気まずさを紛らわすうちに、男性がいいことを思いつきます。
「雨宿りする間に、映画でも見ませんか?」
そう、ふたりが雨宿りしてたのは映画館の屋根の下だったんです。

そんなふうに出会ったふたりは、いつしか結婚を考えるようになっていました。

幸せいっぱいのふたりは、結婚式場の新サービス、“結婚シミュレーター”を受けることにしました。
このサービスは、DNAや生い立ち、性格をすべてコンピュータに入れて、結婚生活をバーチャルで体験できるというもの。
期待に胸を膨らませてサービスを受けたふたりは、理想とは全く違う結婚生活を疑似体験し、結婚を取りやめてしまいます。

相手と別れてしまったふたりのもとに、数日後、ビデオレターが届きます。
“結婚シミュレーター”を受ける前に、相手に向けてのメッセージを録画し、10年後に届けてもらうことになっていたものです。
結婚を取りやめたため不要になった自分の分のビデオが式場から送り返されて来たのです。

すぐにゴミ箱に捨てたものの、どうせ捨てるなら、シミュレーターを受ける前の自分を見ておこうと思い立ち、女性はビデオをビデオデッキにセットします。

ところが、再生してみると、相手の男性のビデオレターだったのです。
式場側の手違いで、相手のものがそれぞれ届いてしまったのでした。

大好きだった人のメッセージを聞いた女性は、
「シミュレーターの結果なんてどうでもいい、私はやっぱり彼を愛してる!」
と、実感。

そして、ふたりが出会った想い出の場所、映画館の前にやってきます。
すると・・・!
同じように、ビデオを見た男性が走ってやってきます。

お互いの気持ちを初心に返って確認したふたりは、もうシミュレーターの結果なんか気にせず、結婚しようと決意するのでした・・・。


ここで終わるのかと思ったら、実はここまでが“結婚シミュレーター”の結果だったんですね。
現実にはふたりは一度も別れてないんです(笑)。
ちょっとまどろっこしいストーリーでした。
最後のオチは余計だったかな、というのが個人的な感想です。

このストーリーの鍵になっていたのが、10年後の結婚相手に向けた、結婚前の自分からの愛のメッセージを吹き込んだビデオレター。
ある意味、タイムカプセルのようなものですね。

映画が公開されたときも未来便ってサービスがあったかどうかはよくわかりませんけど、ちょっとおもしろいかな、って思います。

ただ、結婚相手とかとのタイムカプセルって、届いた時に別れていたりすることもあるわけですから・・・。その辺だけは気をつけたいものですね。
うっかり解約忘れていて、指定した日に届いてしまったら、それはそれでちょっと切ないかもしれないですから(笑)。


→→『未来便』に興味がわいた方はこちらへどうぞ
スポンサーサイト

Comment


未来便!超おもしろい!やらねば^^
新しいもの好きなので♪

>のんのんさん

こんばんはー。
おもしろそうですよね、未来便!
私も学校で一度もタイムカプセルやってないので、今度機会あったらやってみようかなあ、なんて考えてますー☆

お子さんが生まれる方とか、いいかもしれないですね! 忘れた頃に、自分から子どもに当てたメッセージを届けてもらうとか・・・(笑)。

はじめまして、
面白そうですね。
使ってみたいなっとかんがえます。

只、この会社はその時あるのだろう
かと言う疑問も少しあります…

>アイルトントクさん

30年後に届けてもらいたかったのに、届かないと思ったらすでに会社がなかった・・・ってことになったら確かにショック!

でも、調べてみたらこの手のサービスやってる会社が結構ある様子。それなりに需要があるってことでしょうねー。

大丈夫だと信じましょう(笑)。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。