上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はヒマな一日でした。。
約束も何もなかったので、ひたすら家でダラダラしちゃいました。

夕方、高校時代からの友人S子からメールがきました。
「来年の秋に結婚しまーす」

・・・なによぅ。
佐藤(仮名)のことそんなに好きじゃないって言ってたじゃん。
なんで急にそんなに進展してるのよお。。

って、誤解のないように言っておくと、私は佐藤(仮名)とまったく面識はないんです。
ただ、私たちの仲間内で、どういうわけか「佐藤」と呼び捨てにしちゃってます。
ひとの彼氏なのにね(笑)。ま、親しみをこめてるってことで。

S子の結婚祝いは料理の本にしようかな、と思います。

大学時代、彼氏に肉じゃがをつくってあげたS子は、“アク”というものの存在を知らなくて、単なる泡だと思ってぐるぐるかき混ぜて溶かしちゃった、という話を聞きました。
S子が料理をつくったというのは、私が知る限りではあの1回きりです。
米を研ぐのに洗剤はいるのか、とも本気で質問されました。

私「あのね、テレビとか本でよく聞かない? 『お米を研ぐのに洗剤は必要か』って聞くバカな人の話。つまり、常識ってことだけど」
S子「うん、それでね、いったいどっちなのかと思って。必要に決まってるのにわざわざ聞くからバカなのか、必要ないに決まってるのに聞くからバカなのか」
私「・・・・・・なるほど。斬新な考え方だね」

ってやりとりがほんとにあったんです!
彼女と結婚する佐藤(仮名)は、きっとどんなもの出されても「おいしい」って食べるだろうけど、ちょっと気の毒だなあ、と思う今日このごろ。

せめて肉じゃがくらいはマスターしとこうよね、S子。
心を込めて料理本プレゼントさせてもらうわ。
ぜひぜひ有効活用してちょうだいね。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。