上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古畑任三郎ファイナル、ものすごい楽しみにしていたのに、うっかり帰宅が遅れてしまいました・・・(>_<)

弟にも一応録画するようお願いしてたんですけど、すっかり忘れてサッカーゲームしてました・・・(T_T)
弟自身も古畑の大ファンなので、「やべっ、今日だっけ!!!」と、焦ってチャンネル変えたんですけど、その時点で22時を回ってたので、一通り殺人事件は終わっちゃってました。

とりあえず、どこかの村で、昔から伝わっている手まり歌になぞらえた連続殺人事件が発生したらしい、というのがわかりました。

で、古畑はどうやら藤原竜也演じる堀部音弥を犯人と睨んだ様子。
huruhata_2.jpg



音弥は確かにあやしい。
「自由研究」とタイトルのついた大学ノートを読み返してクスクス笑ってるんですけど、そのノートに書かれている内容が、どうやら実際に起こった殺人事件の状況にそっくりなんです。
ただ、そのノートは小学校時代につくったもののようなので、前半の事件シーンを見逃してしまった私としては、それだけじゃ犯人なのかどうかよくわかりませんでした。


さらに、もう一人あやしい人物が・・・。

音弥が通っていた小学校の先生だった男で、郷土資料館館長の天馬恭介という人物。石坂浩二が演じていますが、なんとなく挙動不審。

最初は「もしかして共犯なのかな」と思っていたのですが・・・。

(軽くネタバレの可能性あるので、それでもいい人だけ続き読んでください)

天馬が妙に音弥をかばうんですよね。
huruhata_1.jpg


音弥は昔から天馬を慕っているようだし、なんだかきな臭いにおいがする・・・。
でも、共犯にしちゃあまり連帯感がないような感じがあるし。。
一体どうなってるんだろう・・・。

弟とふたりで考えた可能性としては、

1)天馬は音弥が犯人であることに感づいていて、かばおうとしている
2)音弥と天馬は共犯で、アリバイ作りなどもふたりで考えた
3)音弥が実際に犯罪を行ったが、裏で手を引いたのが天馬だった

の3つのパターン。

観た方はすでにおわかりでしょうが、3番はかなり正解に近いですよね。
天馬、恐るべし・・・。
やはり学者というのは、自分の研究とかがからんでくると、目がくらんでしまうんですかね~。


今回のドラマは、いままで放送されてた古畑よりも凝った内容になってますね!
前半の犯行シーン見逃しちゃったけど、後半だけ見ても結構おもしろかったです。


それにしても。
もし前半からきちんと見てたら、どんな感じだったんでしょう。
やっぱり、天馬はあやしく見えてたんでしょうか・・・?

もしかすると、前半から見てた方は、天馬は自分の教え子を一生懸命守ろうとするいい先生のように見てたんじゃないでしょうか。
違います?? 単なる勘なんですけど。


また再放送とかやってくれないかなあ。
一度全編通して見てみたいです。
もう真相わかっちゃってますけど(笑)。


明日からの分はこんなことないように、今のうちに録画予約しときます!!
イチローの演技は見逃せませんもんね☆
スポンサーサイト

Comment


見たいわ~。おもしろそう…。
友達が親にDVDに焼いてもらってればあとから借りれるかも?!
推理モノはテレビでも小説でも自分で推理しながらわくわくするのがいいよね☆あたった時はついニヤリとしてしまうのよね~♪

バイトで見れませんでした・・・
今日もバイト・・・
もうレンタルとかされるの待つしかなさそうです(笑)

>トッポッキちゃん

推理ものとか、ミステリーはいいね。
謎解きしながら見てワクワクできるってのが・・・(^ー^)
前までミステリーとか全く興味なかったママが、東野圭吾貸してからハマっちゃって、貸せ貸せってうるさいよ・・・。

>off-by-oneさん

バイトお疲れさまです~。
私も連チャンで短期バイト入れちゃってまともに見れませんでした・・・(>_<)
落ち着いたら弟が録画してくれたやつ真剣に見ます(笑)!

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。