上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金曜の夜、23:15~からやってる『時効警察』ってドラマにハマってます。
jikoh.jpg



第1話(先週)は、ドラマの存在を全然知らなくて、たまたまテレビつけたらやってたので見たんです。
そしたら、「なんじゃこりゃ~!!」って、笑いっぱなし。
登場人物がみんなキャラ濃いです(笑)。


オダギリジョー演じる警察官・霧山は、時効が成立した事件を趣味で独自捜査してます。
時効は成立してるから、犯人を見つけ出しても当然逮捕とかできないわけです。
なので、最終的には「犯人のご好意」で自白をお願いして、そのかわり「この事は誰にも話しません」っていうような念書のようなもの(霧山はこれを“誰にも言いませんよカード”と呼んでますw)に捺印をして犯人に渡して一件落着。

ミステリーものと違って、早い段階で「犯人らしき人」と霧山の接触があります。
で、視聴者には「どうやらこの人が犯人だな」ってのがわかります。
ただ、犯行のトリックだとか、事件の全容はわからない。
そこを、霧山が独自の捜査とひらめきで解明してってくれます。

捜査中に登場するいろんなキャラクターだとか、霧山が遭遇するアクシデントがおもしろいです。
あのキャラクターの描き方は、かなりバラエティー馴れた人だろうな、と思ってクレジットをよく見たら、脚本・演出に、三木聡、岩松了、園子温、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、塚本連平など、演劇・映画界で色々活躍してる方々が名を連ねてます。

三木聡といえば、『ダウンタウンのごっつええ感じ』とか『笑う犬の生活』とかの校正作家として活躍する、バラエティー界きっての奇才!
なるほど、そりゃおもしろいものできますって☆


今週(つまり第2話ですけど)放送分のサブタイトルは、
『偶然も極まれば必然になると言っても過言ではないのだ!』。
池脇千鶴が犯人役でした。

jikoh_2.jpg

〈以下、サイトから抜粋〉
オリンピック代表候補だった水泳選手・藤山一子(塩山みさこ)とコーチ・小原安雄(田中要次)の心中事件に興味を持つ。ふたりの遺体は別々の場所で発見されたが、以前から不倫関係が噂されていたため、“小原が一子を殺害した後に自殺した”として捜査は進められた。しかし物的証拠がないまま、事件は時効を迎えたのである。霧山はまたしても三日月を引き連れ、当時オリンピック代表の座を一子と争っていた妹・藤山しおり(池脇千鶴)を訪ねる。小原からの最後の電話を取ったのがしおりだったからだ。しかし、霧山には引っかかる点が他にもあった…。 【脚本・演出 三木 聡】


今回もおもしろかったですが、ツボにはまったのは、コーチだった小原の奥さんです。
あれは笑えました・・・。


ところで、このドラマだとやたら麻生久美子が老けて見えるんですよね~。
映画とかでは、透明感ある美人に見えるんですけど。
役作りなんでしょうか?
けっこう、幅広い役できる女優さんなので、どっちにしろ好きですが。
スポンサーサイト

Comment


時効警察、第一話は見逃しましたが、第二話は見ましたよー。

かなりおもしろかったです♪
基本的にドラマは見ない俺ですが(すぐ見逃しちゃう)、コレは見なきゃっ!と思いました。

最後の”マイケルはジャクソンですがこの作品はフィクションです。”
っちゅーテロップは毎回変わるんですかねw?

>nuruさん

見たんですね、時効警察(^□^)
こういう1話完結ものなら、1回見逃しても話わかんなくならないからいいですよね~☆

最後のテロップはうかつなことに見逃してました! 次回確認してみなきゃ~!!

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。