上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元気な子どもたちが出てくる映画って、なぜか昔から好きです。
ガキ大将みたいな男の子とか、子ども同士のアホみたいな会話とか(笑)。
そういうの見てると、なんだか心が和むんですよね(^ー^)


そんなわけで、『バーバー吉野』も、ずっと気になってたんですけど、なかなかタイミングがあわなくって、いままで見れずにいました。


舞台はどこにでもあるような田舎町。
でも、ひとつだけ変わったところがあります。
それは、男の子たちの髪型が全員同じってこと。
前髪をまっすぐ切りそろえて、後ろは刈り上げ。
ヘルメットみたいなヘンな髪型なんです。

男の子たちは「バーバー吉野」という床屋でその髪型にする、というのが昔からの習わしになっていて、誰もそれに疑問を感じていませんでした。
ちなみに、この髪型は“吉野刈り”と呼ばれてます(笑)。

ところが、ある日東京から茶髪の転校生がやってきます。
それが、街全体を揺るがす大問題の発端でした・・・。



『バーバー吉野』
監督・脚本:荻上直子
出演:もたいまさこ、米田良、大川翔太、村松諒、宮尾真之介、石田法嗣、岡本奈月、森下能幸、たくませいこ、三浦誠己、浅野和之、桜井センリほか
2003年/96分
DVDチェックしたい方はこちらへ。


もたいまさこが「吉野のおばちゃん」役にぴったりハマってます(笑)。
吉野刈りへのこだわりと情熱が半端じゃありません。
ちなみに吉野刈りってこんな。
barbar_3.jpg



この映画を見てて、「いいなあ」って思ったのは、たとえば、「吉野刈りは嫌なんだけど、吉野のおばちゃんは好き」っていうような、好きなものと嫌いなものの間で揺れ動く心の描き方。
主人公は「吉野のおばちゃん」の息子なので、「髪型を変えたいと思うこと=母親への反抗」って心理になるわけなのですが、すったもんだあったあとに叫んだセリフがよかった。


「・・・でも、お母さんがみんなに嫌われるのは、もっとイヤだ!」


子どもにこういうふうに言ってもらえる親って、やっぱり幸せなんだろうなあ。
観終わった後、なんだかにこにこしちゃう映画でした。



ちなみにこの映画、先日ご紹介した『運命じゃない人』と同じ、PFFスカラシップ作品です。
(PFFスカラシップってナニ? って方は→こちら

低予算ながら、ゆっくりと時間をかけて作りこんでいるからか、わりといい作品が揃ってます。
ハデなアクションが好きって人には物足りないかもしれないけど、人間ドラマが好きって人にはけっこうオススメです。
ぜひチェックしてみてください。


この映画見たら、なんとなく『かもめ食堂』が見たくなってきました・・・。
もたいまさこ効果??
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。