上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近、仕事の関係で色々リサーチしてみたら、変な校則って、全国に色々あるんですね~。

私の卒業校はというと、東京のはずれにある私立女子高で、とにかく校則が厳しかった(-x-;)
というよりも、校則自体はどこにでもあるレベルなんですけど、先生たちの取締りがすごい厳しかったんですよ・・・。


・スカートの長さはヒザ下20cm以上であること。長すぎてもいけない。
・スカートのヒダの数は16本とする。(ウエスト細いコは、デザイン崩れちゃいます・・・)
・靴下は校紋入りの三つ折指定靴下を履くこと。
・校外でルーズソックスに履き替えているのが見つかると、反省文。3回以上見つかると親呼び出し。
・生徒指導が毎日入り口で立っていて、違反者チェックしている。その場で注意&学生証没収で、後で呼び出しされておこられる。
・遅刻者は学生証没収。
・ポケベル(すいません、時代を感じます・・・)見つかると没収。親が取りに来ないと返してもらえない。
・ピアスの穴あけてるの見つかると呼び出されて怒られる(ただし、先生お気に入りのコとか、成績優秀者はあまりなにも言われない)


数えるとキリないですね・・・(^_^;)
それなりに楽しかったですが、基本的に地味なコ多かったです。
少なくとも、今街でよく見かけるような、”ギャル系”の、「高校生活謳歌してま~す!」というような感じのコはいませんでした。

だからね、結構うらやましいです、イマドキの女子高生。
私もあんな風に、10代を満喫したかったな~。。。


さて、校則の話に戻りましょう。

リサーチしようと思って、ネットや本で調べてみたところ、私の卒業校はまだマシだなって気がしてきました。
たとえば・・・、


・生徒は政治活動をしてはならない。(←別にいいのでは? 能力あるってことでしょ?)
・父母の苦労を思い無駄遣いをしない。(←余計なお世話)
・カツラは禁止とする。(←病気でどうしても恥ずかしいってコに対する配慮がない。もちろん、言ってる側の先生たちも守ってるんでしょうね!?)
・異性の先生と話す場合は20センチ以上間隔を取る。(←なにを想像してるんでしょうか・・・)
・くしゃみ3回以上は保健室。(←花粉症の時期は保健室混みそうですね)
・地震についての注意。あわてて窓から飛び降りるなどはもっとも危険。(←言われなくても、命は惜しいです)
・掃除の時、男子が1、2、女子が3、4と声をかけて掃除をしなければならない。(←なぜ男女で分けるのか? 掛け声かけるってのもおかしいような・・・?)
・清掃。時刻をみてとりかかり行動する。無言清掃に徹し、班長のみ指示する。班長は時刻をみて終了させる。(←静かな掃除風景・・・。知らない人が見たら気持ち悪いでしょうね~)
・日曜・祭日等はでき得る限り外出せず家庭内で生活する。(←青春はどこに・・・?)
・校内でみだりに異性と会話しない。会話する場合には学校に「会話用紙」を提出して許可をもらい、会話室で行う。(←ちなみに、この学校は共学です。ここまでするなら別学にすれば?)
・校外で異性といっしょに歩いてはいけない。相手が父親や兄弟であってもいけない。(一家団欒を阻止!?)
・校内では給食・弁当以外の物を摂取してはいけない。特に部活動の後などに水を飲まないように。(体育会系の部活に入ってるコにとっては拷問。勝手に飲まないように、昼休みなど以外はトイレの蛇口以外止めちゃうそうです)

などなど。
余計なお世話なものから、明らかに生徒の将来をまったく無視してるものまで。
男女で会話するのに「会話用紙」で先生の許可がいるって・・・、社会に出たら免疫まったくナシで苦労しそう(-x-)


校則ってのは、あくまでも秩序正しく、生徒の安全などを守るためにつくられるべきだと思うのですが。
これらの校則がつくられた背景を知りたいものです・・・。


みなさんも、変な校則で苦労した経験とかあったら教えてください。
ここ最近の高校生見てると、「校則=対抗するもの」って意識なのかな~、って気もしてきますが(笑)。
現役の方の意見聞けると参考になります!


ちなみに、5歳離れたうちの弟の行っていた高校の校則・・・。
「法律を守ること」。
それ以外なら別にオッケー、ってな感じだったらしいです。
放任主義だなあ・・・。
でも本来、高校生くらいならある程度分別あるから、放任してて問題起きないならそれに越したことないのかもね。


以上、長くなりましたが今日はここまで。


◆ 参考URL&書籍
http://www.shibukei.com/special/60
http://cebc.jp/data/kousoku/1
http://www.mag2.com/vow/osiete/kousoku.htm
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/qanda/consul/20050513wn02.htm

『こいつは笑えるマル珍校則―ネェ先生、それって本当にマジですか?! 』 青春BEST文庫/びっくりデータ情報部編(青春出版社/1992年)
『ふざけるな!校則-負けるな!全国の中学・高校生へ(パート3)』林毅著(駒草出版/1989年)
スポンサーサイト

Comment


会話用紙提出で会話室って笑いました。
囚人との面会みたいですね。
もちろん、会話室にはこわい先生が立っていて、会話をいちいちチェックしてるんでしょうか?

俺の高校は弟さんと同じで放任主義だったなぁ。
バイクとバイトは禁止されてたくらい。
ただ、天然パーマ証明書みたのがあって、それを取るためには小さい頃の写真一枚提出っていうアホな物がありました。
>nuruさん
「会話室」ってどんなとこなんでしょうね~?
私も笑いました。生徒たちにとっては笑い事じゃないでしょうけどね(*^-^)ゞ

nuruさんたしかすごい天パじゃなかったでしたっけ? 一度ブログ写真で拝見したような・・・。
ってことは、「天然パーマ証明書」取ってたってことですか?

うちのガッコ、それはなかったな~。厳しかったけど(笑)。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。