上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
資料探しで書店めぐりしていたら、またまたこんな本を見つけました。
ちょっと笑えます。
でも、ためになります。

20060821163824.jpg

『大人の超メール術』
石原壮一郎著
青春出版社


「こんなとき、どんな風に返信したら“エスプリが効いたオトナ”に見えるんだろう?」
って考えちゃうこと、たまーにあります(^-^)

そんなとき役立ちそうな本探してたんですが、この本の内容がまさしくそれ!


「あ、このフレーズ使ってみたい~!」
っていうような文例が色々載ってます。


たとえば、仕事相手に。
「メールが着いたときの音がいつもと違うと思ったら、やっぱり嬉しい知らせでした」

無理な条件を飲んでくれたりとか、ありたがいメールをくれた取引先の担当に感謝の気持ちを念入りに伝えたいときのフレーズ。


はたまた、意中の男性に。
「最近、ベルギービールにはまっています。どこかおいしいお店、ご存じないですか?」

飲み会で知り合ったりして、何度かメールのやり取りをしたりして、ちょっといい感じになりかけている男性をさりげなくデートに誘いたいときのフレーズ。
(なんか、“ベルギービール”ってところがツボでした、私的にはw)


解説のほか、小ワザや応用、レスのコツも教えてくれます。
読んで笑えて役に立つ、お買い得感あふれる一冊ですよ☆


ちなみに私、今日からPC脇に常備することにしました。
仕事相手にメールするのが楽しくなりそうです。


ランキングに参加してます☆

↑↑↑
今日から私もメールの達人!?
中学生くらいまで、マンガって大好きでした。


両親がマンガ嫌いで(最近判明しましたが、実は父はかなりのマンガ好きでした・・・。母と子どもたちの手前、嫌いなフリしてたらしいですw)、
マンガ禁止令が出されていたので、おそらくその反動でしょうね(*^-^)ゞ
隠れて買って、コソコソ読んだりしてました(笑)。


高校生くらいから、マンガより他に色々興味のあることが出てきたこともあって、すっかり遠のいていましたが・・・。


ここ最近、またマンガ熱に火がついてしまいました。


原因は、『のだめカンタービレ』です。
20060706135103.jpg




このマンガ、おそろしく面白い!
かなり話題になっているので、もうすでに読んだ方も多いことでしょう。
クラッシック音楽界を舞台にしたコメディもの。
キャラクター設定が秀逸で、クラシック音楽の知識がなくてもワクワクしながら読めちゃいます。


『のだめカンタービレ』については、すでに色んなブログやHPで話題に上っているので、もっと知りたい方はそちらをチェックしていただくことにして・・・(´▽`)


今回紹介したいのは、『のだめカンタービレ』の著者、二ノ宮知子さんが1995年~2001年の間に「月刊きみとぼく」で連載していた『天才ファミリーカンパニー』。
20060706135115.jpg



おそらく高校生のころだったと思いますが、たまたまコンビニで「きみとぼく」を立ち読みしていて、『天才ファミリーカンパニー』に出会いました。


といっても、パラパラ立ち読みしただけだったし、タイトルも全然覚えてなかったんです。
私が立ち読みした回は、老け顔の男子高校生が(しかも性格にかなり問題アリ)、経営が悪化した書店の立て直しをしている、というものでした。
妙に面白かったので、なんだかずっと頭の片隅にあったのですが・・・。


『のだめカンタービレ』がかなり話題になっていたので、「これはやっぱりチェックしなきゃな」と、読み始めたところ・・・。


あれ?
この絵、このテンション、どこかで出会ったことがあるような?
でもこのマンガ家さんの作品、読んだことあったっけ??


実は私、一度見た映画や本についてはかなり詳細にわたって覚えているタイプ。
読んだことのある作家の名前を覚えてないなんて、よほどのことがない限りありません。


このままじゃ気持ちがわるいので、とりあえず『のだめカンタービレ』の著者、二ノ宮知子さんの過去の作品をチェックすることに。


で、再会!
それが『天才ファミリーカンパニー』だったんです。


前置き長くてすみません・・・(笑)。


「村山総理」、「windows95」など、懐かしい単語が満載。
書店の経営を立て直そうとした主人公が、「日本ではまだどこもやっていないから」と、HPを設立、そこで本の注文を取れるシステムを組んだりするのも、当時のPC業界の様子がうかがえて面白いです。


「M&A」、「マネーロンダリング」などといった、経済用語もたくさん登場します。
少女マンガなのに・・・。
「きみとぼく」を読んでいた世代が、理解できたかどうかはかなりナゾですが(笑)。
でも、ここ最近の中高生だったらある程度わかるかもですね!
「ライブドア」騒動で、テレビでかなり詳しくやってましたから・・・。


主人公は、天才男子高校生。
母は大手製菓メーカーでバリバリ働くキャリアウーマン。
父親が幼いころに亡くなり、母とふたり二人三脚でやってきた主人公は、営業戦略やプレゼンテーション用の書類作成など、母の仕事を裏で支えてきたわけです。


なのに!
ある日突然、母の再婚相手とその息子が家に転がり込んできます。
自称作家(ただし、現在は何も書いている様子はなく、無収入)と、主人公と同じ年の野生児に、メチャクチャに振り回された主人公は、彼らに暴言を吐きまくったり、長期家出をしたり、それまでの日常と違った日々を過ごすことになります。


とにかく、登場人物のキャラクターが濃い作品。
ものすごくゆがんだ性格をしていた主人公が、だんだん丸くなっていくのも読んでいて楽しいです。


だまされたと思って一度読んでみてください。
いま、スペシャル版(全6巻)が出版されていて、『のだめ~』の横に置いてる書店が多いので探しやすいと思います☆


ご参考までに、二ノ宮知子さんのHP→→http://www.din.or.jp/~nino/




ランキングに参加しました!!
←←ぽちりとお願いします(ノ´▽`)ノ

のんのんさんのブログで見つけて、おもしろそうなのでやってみました!

「あなたの商品企画室」
http://yan-cocktail.sakura.ne.jp/hp/uranai/syouhin/


自分が商品として売り出される場合、どんな感じになるのかを占ってくれます。


ご参考までに、私の場合・・・。








☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆

商品名:「ひがしのみやこリザーブ27」

キャッチコピー:「27年の月日を掛けて熟成されたホンモノの味。」
↓ ↓ ↓ (スクロールすれば結果が見れます☆)





























種類別名称 一見、ウイスキーボトルに見えるが実は、27歳の女性(人間)
商品名 ひがしのみやこリザーブ27
原材料名 平凡だった子供時代

誰にも八方美人な社交性

思いやる心

一般的な平凡的な極めて標準な肉体

休暇申請中の肝臓

頼まれると断れない性格

僅かな過ちへの謝罪

香辛料

着色料(黄色1号)
賞味期限 人間としては後、41年くらいです。

異性の対象としては後、20年くらいです。
保存方法(開封前) パソコンの画面が見える近くに置いてください。
開封後の取り扱い たまにメールチェックをさせてあげてください。
製造者 ひがしのみやこの父と母
今から約27年と数ヶ月程前、
東京都のとある一室において(以下略)










使用上の注意 お子様の手に届かない所で保管してください。

定期的に食べ物を与えてください。

たまには東京都に連れて行ってあげてください。

たまにはスポーツをさせてください。

お酒をあまり与えないで下さい。

shohin.html
「ひがしのみやこリザーブ27」の販売数見込み:
東京都出身者の29%が欲しいと一瞬思ったが、
実際売れた数は980個

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆


はい、こんな感じです。
29%って・・・。ビミョー(^_^;)

しかし、ここでも酒(笑)。
東京は、雨です。
こんな日は気分も憂鬱・・・。
作業もはかどりません。


ってなわけで、
まずはこれ、見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=tm2n-huAo6E&eurl=

ダブルクリックで再生されます。


さて、遊んでばっかりじゃなくて仕事しなくちゃ・・・。


あ、そうそう。
明日はなぜか自宅で寿司パーティです。

手巻き寿司ではありません。
彼の知り合いの元寿司職人が家に来て握ってくれるそうです。
出張職人、みたいな感じ???

その元寿司職人の方はいろんな職業を経験しているらしく、ほかにも自転車修理だとか車のガラス交換とかスペアキーの製作とかできるそうです。もちろん、仕事道具さえあれば、ってことですけど(笑)。
バラエティーに富んでますね~。


別にね、ウチでやるのは全然いいんですよ?
でも、せまっ苦しい1Kに、私と彼と、友人4人。
息苦しそうです・・・。
明日も雨だと湿度も手伝って憂鬱なことになりそう(^-^;)


あ、寿司で思い出しました。
リンクさせてもらっている熊田カヲルさんのブログで、以前こんな動画を紹介してくれてました。



笑って憂鬱気分を吹き飛ばしたところで、仕事もうひとがんばりしてきます。





友人に教えてもらって読み出したら止まりません!

http://toran.livedoor.biz/
『僕の離婚バトル~仁義無き戦い~』


奥さんのことが大好きだった管理人・トランさんが、離婚に至るまでの経緯を振り返りつつ、物語形式で展開しているブログなんですけど、これがスゴイ!

何がスゴイって、奥さんのキャラが半端じゃない・・・。
未婚男性が読んだら、結婚恐怖症になるかもです。。。

もともとは奥さんの不倫が原因なのに、奥さんの逆ギレっぷりがハンパない!
女の私でも、「おいおい、恐ろしいよ・・・」と思ってしまうほどです。


トランさんによるブログ内容紹介はこんな感じ。
↓↓↓
「妻の不貞行為(不倫)の疑惑から確証、別居、離婚から現在まで。探偵、弁護士、警察、役所、会社、銀行、病院、実家、兄夫婦、友人、すべてをまき込んだドロドロ離婚事情。不貞相手は会社社長!! 僕は平凡なサラリーマン。妻の逆ギレ反撃、会社社長との戦い・・・。そして別の男の影も・・・。発覚から離婚まで1年3ヶ月かかりました。そして今・・・。7キロ痩せた僕がいます。」


過去の経験を振り返り、連載形式で掲載しています。
非常にツライ体験をされたようです。
上手に話を整理していて、書き方・見せ方がうまいので、ついつい読みふけってしまいました・・・。
まだ連載は続いていて、この後の展開から目が離せません・・・!


トランさんは、非常に真面目で誠実な人柄らしく、何事も正攻法でやろうとするのですが、奥さんがあの手この手で自分の有利なほうに持って行こうとするんですね。
嘘をついて周りを巻き込んだり、罠をしかけたり、とにかくやり方が卑劣・・・。

しかも、そんな卑劣なことしといて、トランさんのことを「卑劣な人」呼ばわりするんです。
弁護士や警察官まで巻き込んで大騒ぎ!


トランさんは優しすぎて、読んでいてたまに「ダメでしょ! そこで優しさを見せたら!」とイライラしちゃうんですけど・・・。
それでも、奥さんのような卑劣な手ばかり使ってくる人に、正面から立ち向かう姿勢は、応援したくなります。


とにかく一度、読んでみてください。


夫婦って、壊れると怖いですね・・・。


クリックでブログに飛べます。→→→http://toran.livedoor.biz/『僕の離婚バトル~仁義無き戦い~』

« back | main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。